そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月3日(水)に森のこども園「園庭に野菜を植えよう」が行われました。


園庭に野菜の種と苗を植える毎年恒例の活動。
今年は暖かい日が続いていたため、例年より少し早めの種植えです。



IMG_6786.jpg




植えたのはこの3種類。
左から、ジャガイモ、ニンジン、たまねぎ。
ジャガイモはともかく、ニンジンとタマネギは言われなきゃそれとわからないですよね。

長ネギのようなものが実は玉ねぎの苗だと知ると、驚いていました。



IMG_6794.jpg



今年は年長組が4名で、そのうち1名欠席していたので、3人で行いました。
人数が少ないから、種(苗)を運んで…植えて…を何回も繰り返しました。
大変だったね!


IMG_6791.jpg



IMG_6796.jpg




IMG_6799_20150604142140778.jpg



野菜を植えた後は、プランターに土を入れ、畑にたっぷりと水をあげました。
大人でも結構な重労働…。
園児の皆さんは大変だったと思いますが、最後まで一生懸命がんばりました!


IMG_6804.jpg


最後に集合撮影をパシャリ。
秋の収穫が楽しみだね!

5月31日(日)にカワヤツメウナギの学習会が行われました。


講師は前回のエゾホトケドジョウ学習会と同じ桑原先生。
前回同様、自然学校でカワヤツメウナギの学習をした後、川に行って現地調査&観察会を行いました。


講習会では、桑原先生がカワヤツメウナギについて実物の観察も交えながら解説してくれました。
先生が「魚に吸い付き吸血鬼のように血を吸うんだよ」とカワヤツメウナギの特徴を説明すると「えぇ~怖い」「おもしろい」など、子供たちから様々なリアクションが返ってきました。


おそらく皆さんあまり好きではないであろう座学ですが、この日はモニターに映し出されたスライドにくぎ付けだったのが印象的でした。



IMG_6715.jpg





続いて、現地調査を行いました。
まずは自然学校裏の川にいってカワヤツメウナギの産卵床を確認。
その後は周磨橋(しゅうまろばし)まで移動して、調査&観察会を行いました。



IMG_6754.jpg




IMG_6756.jpg




IMG_6759.jpg



ヤツメウナギを発見!


これはヤツメウナギでも「シベリアヤツメ」と呼ばれる淡水型の種類です。
カワヤツメが40~50センチに対して、こちらは成魚でも15~20センチ。
カワヤツメと産卵時期が一緒で、カワヤツメが掘った産卵床を使って産卵するという、ちょっとずるがしこい子だそうです。


IMG_6772.jpg




カワヤツメだと大きいのでちょっぴり怖いかもしれませんが、このくらいの大きさだと抵抗ないのでしょうか?
これでもかというくらい、シベリアヤツメをいじります。
手を近づかせると大きな口で吸い付いてきました。



IMG_6775_201506031805441af.jpg



シベリアヤツメの他に観察できた生き物は、ウグイ、フクドジョウ、ヤマメ(禁漁期間なので川に返しました)、ヤゴなどなど。



IMG_6778.jpg


エゾアカガエルも捕まえたようです。
アカガエルの鳴く時期に声マネをすると、返し鳴きをするそうです。
面白いそうなので、今度やってみたいと思いました。


IMG_6782.jpg




IMG_6780.jpg



これで今回の学習会は終わりです。
今回はスタッフ含め28名の方に参加していただき、貴重な話をたくさんの人に聞いていただくことができました。
これがきっかけで地元の河川により興味を持っていただけたらいいな、と思っています。





5月27日から3日間、そうや自然学校で「笹かご講習会」が開催されました。
講師は旭川市「勝籠」の小林勝行先生。
述べ20名ほどの参加者が、ネマガリ竹を使った伝統工芸に挑戦しました。


IMG_6687.jpg



最初は扱いやすいプラスチックの素材を使って基本的な編み方を覚えます。



IMG_6678.jpg


ある程度慣れてきたら、いよいよ本番。竹の材料を使って編み込んでいきます。


IMG_6696.jpg




IMG_6694.jpg




基本的には同じ動作の繰り返しになるので、慣れてしまえばこっちのものです。
初参加の方でも、立ち上げまで持っていき…




IMG_6697.jpg




3日目には見事な作品を完成させることができるようになりました!



IMG_6707.jpg



講習会常連の方は、「笹バッグ」の製作にも取り掛かっていました。
もうどうなっているかよくわかりませんが、「意外と簡単」(!)だそうです。


IMG_6708.jpg


材料も参加者の方が割ったものが多く使われていて、全体のレベルが2年前に比べかなり上がっているように感じられます。


今後も継続的に笹かご作り講習会を実施していければと考えています。



次回の講習会は今年の秋を予定しています。
詳しくはそうや自然学校(TEL:01634-8-3611)までお問い合わせください!







5月15日(金)、今年度初めての「森のこども園」が行われ、5歳児4名でふるさとの森を探検しました。



IMG_6625.jpg




IMG_6627.jpg




広場に到着後は、1人ずつ虫眼鏡をお配りしました。



IMG_6631.jpg



普段は見逃してしまうような小さな虫も、虫眼鏡で拡大してじっくりと観察。
「うわー、大きい!」と、虫眼鏡を通してみる世界に皆さん興奮した様子でした。



IMG_6650.jpg



その後は湿地に移動してカエルの卵を探しました。
今年は温かい日が続いていたためか、水がほとんどない状態でしたが、
孵化寸前の卵を一か所だけ発見。
皆で卵を触ってみました。



IMG_6654.jpg



卵はちょっとだけ持ち帰り、水槽に移し替えました。
観察用に、しばらくの間園内で飼育する予定です。
生まれてくるのが待ち遠しいね!



(ウエスギ)
5月10日、中頓別町の一斉清掃活動「クリーン作戦」が行われました。
自然学校のあるピンネシリ地区は午後から開始。
私たち自然学校スタッフも参加させていただきました。


IMG_0322.jpg



IMG_0320.jpg


5名の参加者で30分ほどゴミ拾いをすると、あっという間に肥料袋いっぱいのゴミを拾うことができました。



IMG_0325.jpg


最後に、分別作業をして終了。


IMG_0326.jpg




昨年よりは少し参加者が少なかったのが残念でしたが、少人数でも集中して行うことでたくさんのゴミを拾うことができるので、機会があればまた参加したいと思います。


ウエスギ
4月18日(日)に今年度初となる「いいとこ探し隊」が行われました。
「ピンネシリで春の日帰り自然体験」と題して、”この時期ならでは”の体験にチャレンジ。
みんなで春を満喫しました。



【樹液の採取体験】

イタヤカエデと白樺2種類の樹液を採取しました。
ハンドドリルを使って2・3cmほどの穴をあけると、中からじんわりと樹液が。
ネマガリ竹を差し込みしばらくすると、ポタポタと樹液が落ちてきました。



IMG_4755.jpg



IMG_3728.jpg


~樹液回収~


しばらくたって見に来ると、ペットボトル半分以上の樹液が入っていました!


IMG_3826.jpg


早速その場で試飲。
「水とちがいがわからない」「甘くておいしい!」…などなど、さまざまな感想が聞けました。


IMG_1000.jpg



【山菜採り】


樹液を採取したあとは皆で山菜を採りにいきました。
首から下げた山菜カードを参考に、宝探しに出発。



IMG_4718.jpg




IMG_4717.jpg


まだ残雪が多いので、ウドやタラノメ、ギョウジャニンニクなど定番の山菜を採ることはできませんが、エゾニュウ、アザミ、イラクサ、フキノトウなど、割と出が早い山菜が採れました。


IMG_3752.jpg



IMG_0903.jpg




【昼食作り】


採ってきた山菜を使って昼食作り。
メニューはタケノコご飯、フキ味噌、山菜天ぷら、山菜入りスープの4種類。
春の山菜をふんだんに使った山菜メニューです。


IMG_3763.jpg


IMG_3767.jpg


完成!
山菜のいい香りがしてきます。
どれも美味しかったです。

でも、エゾニュウの天ぷらの苦さは衝撃的だったね。


IMG_3804.jpg


料理をしたあとはみんなで後片付け。


IMG_4735_20150419161849e38.jpg



IMG_0982.jpg



IMG_4738.jpg




【おやつ作り】


おやつはイタヤカエデの樹液を使った「樹液ゼリー」。
ゼラチンを投入して樹液を固め、メープルシロップをたっぷりとかけました。
これが「甘くておいしい!」と大好評。
あっというまに売り切れました。


IMG_4848_20150419162351818.jpg



【薪割り】


今回も地元のSさんにご協力いただき、薪割りにチャレンジ。
小学生の力だと簡単には割れてくれませんが、3,4回斧を振り下ろすと、パカンと2つに割れました。
割れた薪の一部をSさんから譲り受けると、うれしそうに持って帰りました。


IMG_3853.jpg



IMG_3856.jpg



【エアボード体験】

最後に、残雪で雪遊びをしました。
4月半ばでも雪遊びができるというのは、中頓別の魅力の一つですね。
写真のものは欧州で発祥した「エアボード」という乗り物で、
操作性が良くがスピードもあってとても爽快です。


参加者で「7人乗り」という荒業に挑戦していました!


IMG_1053.jpg



IMG_4768.jpg


--------------------------------------------------------


今回のいいとこ探し隊はいかがでしたか?
次回は講師の桑原先生をお招きして「カワヤツメウナギ」の学習会と観察会を行います。
ぜひご参加ください。


上杉
3月22日に今年度最後の「冬の鍾乳洞探検」が行われました。
「冬の鍾乳洞探検」とは、雪道を散策しながら鍾乳洞内の氷筍を見学する、そうや自然学校の冬期限定ツアーです。
詳しくはコチラをご覧ください。


【雪道散策】


この時期の雪はだいぶ締まっているので、スノーシュー無しでも歩けるくらいでした。



DSC_0636.jpg





DSC_0641.jpg


公園内のなだらかな坂はソリ滑りをするのに絶好の場所。
お腹すべりも、とても楽しそうでした。
今度こっそりやってみようかな…。




CIMG6537.jpg




CIMG6540.jpg


冬の自然ふれあい公園内は楽しい発見がいっぱいです。



【鍾乳洞内】


この日の鍾乳洞内の気温はプラス3℃前後。
日に日に暖かくなっています。



DSC_0646.jpg



「うわぁきれい!」とうれしそうな声が聞こえると、なんだかこちらまでうれしくなります。


DSC_0651.jpg



shounyudou.jpg



ただ、今年は例年より暖かいため、氷筍にヒビが入っていました。
一番きれいな時期の氷筍を見せてあげられなかったのは少し残念ですが、
とても楽しい時間を過ごすことができました。



ぜひまた氷筍を見学にきてください!


(ウエスギ)



3月14日・15日に行われた「いいとこ探し隊~木登り&冬キャンプ体験~」の活動報告です。

1日目


【寝袋の畳み方練習】

今回のキャンプはテント泊なので寝袋を使います。
寝袋を使ったことがない子もいるので、雪遊びの前に寝袋の畳み方練習をしました。


DSC_6432.jpg



DSC_6433.jpg




【雪遊び】


初日の雪遊びは、雪洞作りと木登りを行いました。
木登りの講師は山岳ガイドでガイドオフィス風代表の鳥羽晃一さん。
最大で10mくらいの高さまで登りました。



DSC_6455.jpg



DSC_6474.jpg



DSC_6486.jpg



DSC_6489.jpg


IMG_3805.jpg



IMG_3755.jpg




【夕食】


夕食は皆大好き鹿鍋です。
皆で鍋を囲むと、より一層美味しい!


DSC_6496.jpg



DSC_6501.jpg



DSC_6502.jpg



【夜のプログラム】


夜は焚き火や星空観察などを行いました。
火であぶったマシュマロはとろとろでとても美味しいと大好評。


DSC_6506.jpg



DSC_6509.jpg



DSC_6520.jpg


夜はみんなテントで就寝。
中には雪洞泊にチャレンジした子も!
マットを敷きつめた雪洞は暖かく気持ち良かったとのことでした。



---------------------------------------------------------------------

2日目



【朝食】


朝食は熊肉が入ったお鍋と漬物などのおかずです。
熊肉は言わずもがな、漬物が子ども達に好評だったのは意外な感じでした。



DSC_6532.jpg



DSC_6530.jpg




【雪遊び②】


2日目は、「またやりたい!」という希望が多かった木登りの他、ハンモック、スラックライン、エアボード、雪投げ機など、鳥羽さんが持ってきてくれた様々な道具を使って雪遊びを満喫しました。



IMG_4341.jpg


IMG_4368.jpg


IMG_4595.jpg


IMG_4667.jpg



【おやつタイム】


最後に、おやつの『はちみつレモン』と『シフォンケーキ』を食べてお別れ。


DSC_6570.jpg



DSC_6568.jpg



-------------------------------------------------------------------------------


次回のいいとこ探し隊は1泊2日の春キャンプを予定しています。
今度は日帰りの参加もOK!町外の方でも参加が可能です。
順次ホームページに掲載していきますのでご覧下さい。

そうや自然学校「いいとこ探し隊」
http://souyashizen.com/iitoko.html
3月4日(水)に今年度最後となる森のこども園が行われました。
今回は3歳児さんも参加して、総勢27名で雪遊びゲームに挑戦です。


IMG_3541.jpg



■スノーフラッグ

一つ目のゲームは『スノーフラッグ』です。
スノーフラッグとは、文字通り雪上で行うビーチフラッグのこと。
旗を取る早さを競います。


IMG_3542.jpg


笛の合図とともに、一斉にスタート!


IMG_3554.jpg


雪に足を取られながらも、旗を目指して猛ダッシュ。


IMG_0184.jpg


そして旗をゲットです!


IMG_0183.jpg



取られた子も諦めずにすぐに他の旗を取りに向かいました。えらい!



■カラーボール探し



2種目目は雪上に置かれたカラーボールを探すゲームを行いました。


園児が後ろを向いている間にカラーボールを隠して一斉にスタート。


IMG_3573.jpg


カラーボール発見!



IMG_3693.jpg


見つけたカラーボールを素早くバケツへ。


IMG_3673.jpg



後はゴールを目指します!


IMG_3641.jpg



最後は笑顔でフィニッシュ!
大盛り上がりの1時間でした。



今年度の森のこども園はこれでおしまいです。
5歳児さんとも今回でお別れ。
少しさみしい気もしますが、小学生になってもまた自然学校に遊びにきてくれるとうれしいです。



(ウエスギ)
2月13日(金)に中頓別町民センターで健康作り講座が開催されました。
そうや自然学校コーナーでは、『マイ箸』と『箸置き』の製作体験が行われ、たくさんの方々が体験していかれました。


IMG_6418.jpg



IMG_6409.jpg



「かんな」や「切り出し刀」で端材を削り、整形していきます。



IMG_6424.jpg


その後、ベルトサンダーや紙ヤスリで表面を磨き、最後に蜜蝋とニスを塗って仕上げます。


IMG_6422.jpg


参加者の方が作った完成品を撮影させてもらいました。
見事な仕上がりですね!
食卓に並ぶと、ご飯が更に美味しく見えそうです。


IMG_6426.jpg



今回製作したマイ箸と箸置きで、食事をもっと楽しんでもらえたらうれしいです。
尚、これらの創作体験はそうや自然学校で随時受付していますので、興味がございましたら御気軽にお問い合わせ下さい。


(上杉)

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。