そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月28日(日)
中頓別の基幹産業は酪農です。地域では年々、農家さんの数が減ってきています。

学芸会を満喫した後、BSN夫妻のジャコランタン作りをほんの少し手伝ってからポニーファームののぶさんに酪農の手伝いがあると誘われ、長田牧場へ行ってきました。
1028ジャック・オー・ランタン


まず牛を搾乳する場所「パーラー」へ移動させます。たくさんの
牛の中へ入るのは少し緊張絵文字名を入力してください
いくよ」と牛を叩いて起き上がらせるとき
見慣れない顔だ」と思われて蹴られたら絵文字名を入力してください
と考えてしまいました。
しかし、慣れている人が近くにいたので蹴られることなくパーラーの
方へ移動してくれました。


そして搾乳牛乳です。

1028搾乳中
パーラーには搾乳機が左右に12機ずつ、全部で24機あり、
そこに牛が1頭ずつ入ってきます。牛のおっぱいは大体4つあり、
私は搾乳機を付ける前の作業、お乳拭き担当しました。
12頭が終わったら、もう反対側とひたすら拭いていきます。


1028搾乳中接写
目の前には、牛の足とおっぱいと少しシッポしか見えません、
短足もいれば、足が長いもの。おっぱいがきれいな牛と
うし pkk10頭10色です。


搾乳中の牛たち
搾乳が終わったら、牛舎へ戻ります


搾乳した頭数を聞いてみると、約200頭ということでした。
この作業は朝夕2回行って、その他にえさやり、子牛の世話、
季節になれば牧草刈りとやることはたくさんです。
長田牧場では、役割を分担しながら仕事が行われています。
搾乳作業は普段は2人で行っています。


考えてみれば牛乳は1年中、旬の時期はなく同じようにお店で
売られ、加工品にも使われる素材ですよね。
(農家さんに聞いたところ、牧草を食べている時の牛乳は
黄色っぽく、干草を食べる冬は白っぽくなるそうです。)
生き物相手の仕事であり、少人数、家族で経営している農家さんが
ほとんど。まる1日休みが取れるのはほとんどないみたいです。


農家さんたちのいろんな作業を経て、毎日気軽に購入して牛乳牛乳
飲んで、加工して食べているといった自分達の手元に届くまでの
つながりを自分も知りたいし、多くの人に感じてもらいたいです。


スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

酪農体験

敏音知の酪農家ISIさんのご好意で、酪農体験をさせて頂きました 最初に、子牛を見せてもらいました。 まだ一カ月も経っていない赤ちゃんだそうです。 もっと小さいかと思いきや、意外に大きいんです... つながルーラル中頓別【2010/12/03 12:04】

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。