そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月11日(日)から「冬の鍾乳洞探検」の受け付けを開始しました。
今回はその前日に行った調査の様子をご紹介します。



最初の200m区間は登り坂。もしかしたら、ここが一番大変かも?



DSC_0367.jpg


登り坂の途中にあるカラマツ林。
冬はこのように丸裸になるので、すぐに見分けられますね。
日本の針葉樹の中で唯一の落葉針葉樹だそうです。


DSC_0385.jpg


登りきった先にはご褒美パノラマビュー!
天気が良い日には、知駒岳やトンガリ山、珠文岳、インサンヌプリなど、周辺の山々が一望できます。


DSC_0386.jpg


その後は、多種多様な樹木が並ぶ森を抜け鍾乳洞を目指します。



DSC_0409.jpg


途中にはウサギ、キツネ、鹿の足跡が残されてありました。
この3種類はよっぽどのことがない限り見つけることができると思います。
その他にも運がよければエゾリス、アカネズミ、アライグマ、クロテンなどが見られるかも?


DSC_0424.jpg


鍾乳洞の生成過程で出来る窪地「ドリーネ」。
写真のドリーネは遊歩道より遥か上にあるため、冬にしか見ることができません。
もっと雪が降ると窪地が雪で埋まってしまいますが、今はハッキリと形がわかりますね。


DSC_0450_20150114162639bad.jpg


そして、鍾乳洞に到着。
なんとも見事な氷柱がお迎えしてくれました。
ここまで大きいのは予想外でした。
最近暖かい日が続いていたからでしょうか?


DSC_0452.jpg


中の様子はこんな感じです。
上と下がくっついて大きな柱に…!!
すごいです。


DSC_0487_201501141627172de.jpg


洞内の氷旬はまだこれからといったところでしょうか。
ですが、天井から落ちた水滴が氷旬の中でピチュン、ピチュンと波紋を広げる様子がとても綺麗でした。


DSC_0462.jpg


氷旬の大きさ・形・配置。
見る度に変わるのがとても面白いです。


DSC_0481.jpg



いかがでしたでしょうか?
もう少し雪が降ると、軍艦岩から飛び降りる「スノーダイブ」に挑戦することが可能です。

興味がありましたら、御気軽にそうや自然学校までお問い合わせ下さい。



TEL:01634-8-3611
Mail:soyashizen@ipstar.ne.jp



※尚、スタッフ不在のため電話に出られない場合がございます。
その際は、大変お手数ですが留守番電話にお名前とご連絡先をお伝え下さい。
後ほどスタッフがご連絡させていただきます。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。