そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月21日(日)にそうや自然学校で環境学習会が開かれました。


DSC_0219.jpg


講師は、自然写真家で酪農学園大・札幌市立大学非常勤講師の桑原禎知先生。
現在エゾホトケドジョウを知っている数少ない一人です。
エゾホトケドジョウの生態や、人間との密接な関係…などを解説していただきました。


DSC_0227.jpg



小学生にとっては少し難しかったかもしれません。
そのため、「ドジョウの見分け方」としてルーペでヒゲの数を数えてみました。


DSC_0230_2014092615472407b.jpg


フクドジョウは6本、エゾホトケは8本、マドジョウは10本。
見た目もはっきりと異なりますが、ヒゲの本数を覚えておけばまちがいないですね。



DSC_0235.jpg



続いて現地調査です。
まずはエゾホトケドジョウの住処を見学しました。
昔は河川だったのが護岸工事等によって池になったところが住処です。
即ち、過去護岸工事をたくさんやっている場所が多い=エゾホトケドジョウの住めるような池が多い
…ということになるようです。
浜頓別に比べて中頓別であまりエゾホトケドジョウを確認できないのは、そもそもエゾホトケが住めるような池が少ないことに原因がありそうです。
ではなぜ少ないのか…ということを辿っていくとキリがなくなってしまいますのでこの辺にしておきますが、とにかく色々と勉強させてもらいました。



DSC_0240.jpg


その後、河川と沼で現地調査をしました。



DSC_0268.jpg


本来、沼ではトミヨやヤチウグイ、エゾホトケドジョウ、フナ等がいて、川にはヤマメやウグイ、フクドジョウ等が主です。
そのため、川と沼でははっきりと生き物の生態のちがいが感じ取れます。
ですが、今回は沼でフクドジョウやカワヤツメがいて、川にはスジエビなどが採れました。
限りなく川と沼の生態系が近くなっています。
このことから、増水時では沼と川が繋がるのだと推測できます。


DSC_0257.jpg



個人的にとても勉強になりましたし、参加した子ども達も夢中になって魚をとったりと喜んでいた様子で、とても充実した講習会でした。
欲をいえば、この貴重なお話しをもっと他の方にも聞いていただきたかったな…と思います。
今後も定期的に環境学習会を実施したいと思いますので、ぜひご参加下さい。


(上杉)
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。