そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の舞台はここピンネシリ山。
ピンネシリとは、アイヌ語で「男の山」という意味です。


標高は700m程度しかない小さな山ですが、そこに生息する
野生生物は多種多様で四季折々の変化も感じられる山です。



IMG_9622_20120327151913.jpg



ひっそりと静かな散策路を歩いていると、、
根っこがえぐれていまにも倒れてしまいそうな木がありました。



IMG_9577.jpg



この木が倒れることで新しくできる空間に、また新たな命が芽吹きます。
刻一刻と過ぎる時の中で、遷移が進んでいくのですね。



IMG_9578.jpg



美しい沢がありました。
水の大国、日本の古き良き姿。
いつまでも、いつまでも、この風景がそのままであって欲しいと思います。



更に歩いて行くと…



IMG_9582.jpg



千本シナの木がありました。
多くの木が密集して生えているわけでは無く、
この木は一本の幹から生えているんですよ。



更に歩くと、どこからかキョーーンという大きな鳴声。


なんだ!?クマか!?とおもわずびっくり。


おそるおそる歩を進めると、、黒い鳥を発見しました。


……カラス??
いや、まさか…これはクマゲラ……?



クマゲラ (7)



大きな黒い鳥の正体は、クマゲラでした。
このクマゲラは、日本最大のキツツキです。


本州には、かの有名な白神山地のみに生息し、
北海道でも大木の残る自然環境が豊富な場所にしか生息していません。



クマゲラ (4)



カラスと同じくらいの大きさで、何やらエサを探しているようでした。
きょろきょろと辺りを見回しながら、こんこんと木を突きます。


長い舌で樹洞にいるアリなどの小昆虫を捕まえて食べるんだそうです。



クマゲラ



この山にクマゲラがいる事は一応聞いてはいましたが、
まさか合えるとは思ってもいなかったので、感動です。


ちょっとアホ面な所も可愛らしい。
あまりいいエサが採れなかったのか、すぐに飛んで行ってしまいました。



クマゲラ (5)



また会いに行くからね~~。


(くぼやん)
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。