そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回の日記の続きです。
↓↓↓↓↓↓



10月3~5日ジオパーク全国大会 (5)




今も火山活動を続ける山々。
次の噴火は20年先~30年先と言われていますが…

実際のところは誰にもわかりません。



10月3~5日ジオパーク全国大会 (7)



大きな断層です。


コンクリート道路の隙間からは植物が繁茂し、遷移が続いてゆきます。


これから先何十年か経てば、このコンクリート道路も
草に覆われ見ることが出来なくなってしまうのでしょうか…?



10月3~5日ジオパーク全国大会 (8)




地盤が傾いたために、水が良く溜まる池になってしまったポイントです。
写真左に見えるのはかつての消防署で、建設からわずか2年で被災してしまいました。
現在では、資料館兼休憩所として活用されているそうです。


10月3~5日ジオパーク全国大会 (6)



訪れる観光者も多く、冬季の閉鎖期間まで様々な人々が
この地で「地球は生きている」という様を目にします。


10月3~5日ジオパーク全国大会 (10)



当時の火口を見ることが出来ました。
「今までは、火口地下にまだ熱があったため、
こんなに水がたまる事は無かったが、ここ1,2年の間になって
やっと水が溜まるようになってきた。」とガイドさんはおっしゃってました。



10月3~5日ジオパーク全国大会 (9)



ここから見えた洞爺湖、中島は絶景でした。


次にまた洞爺湖へと行く機会があったら、
今度はあの中島へと行ってみたいです。



10月3~5日ジオパーク全国大会 (11)



ここの温泉は、洞爺湖町民なら無料で入浴することの出来た温泉。
町民の憩いの場でもあった公衆浴場であったのですが、残念なことに被災してしまったそうです。


このように地球活動遺産をめいっぱい感じることのできた1日でした。



今回洞爺湖ジオパークを案内して下さったのは地元の方で、
町民と行政が一体となり、力を合わせていくことがジオパークを名乗り、
ジオツーリズムを展開していく上では非常に重要である事を強く感じました。


地質には正直あまり興味の無かった僕ですが、
見せ方によっては今後ジオパークが地域活性化を図る上での
秘密兵器に成りうる可能性も十分になるな、とも感じました。



10月3~5日ジオパーク全国大会 (12)



帰り道では珍しい二重の虹が…!!

見たのは生涯初めてです!



(くぼやん)





スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。