そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、鍾乳洞散策路にて久しぶりにエゾリスを発見しました。
6月ぶりかな? 久しぶり!!



10月8日 エゾリス発見



北海道で見れる野生のリスはこのエゾリスと、エゾシマリスの2種類です。




10月8日 エゾリス発見 (2)



エゾリス…体長は約22~23㎝ 尾の長さは17~20㎝ 体重は300~400gです。

尻尾が長いから、見た感じは中々大きく見えます。

冬眠はせず、冬でも元気に活動します。


哺乳類は、夜行性の動物が多いような気もしますがエゾリスは昼に活動する昼行性哺乳類です。



活動期間は、季節によって多少の違いがあり、

・春は朝に行動

・夏は日の出から日没まで行動

・秋は昼に活動

・冬は朝に行動

というような活動サイクルがあるみたいです。


そして最近よく姿を見せてくれるエゾシマリスくん。


10月8日 エゾリス発見 (6)



エゾシマリス…体長約12~15㎝ 尾の長さは11~12㎝ 
体重は約75~115g程度とされています。


エゾリスに比べると、かなり小さいですね。
このエゾシマリスも昼行性の哺乳類です。


冬は冬眠をするので、今はちょうど食糧を蓄えるのに忙しい時期ですね。



10月8日 エゾリス発見 (5)



ヒマワリの種を口いっぱいに貯め込んでいました。



10月8日 エゾリス発見 (4)




エゾリスが食べているのは、オニグルミの実です。

こう比較して見比べていただくと、どちらも全く似てないですね。
祖先は同じ種類なのに、様々な環境に適応するために
進化していった過程の中で、こんなにも姿形が変わるなんて、すごいですよね。

しかし現在は、環境の悪化によって、

現在生き物の絶滅のスピードは、昔では考えられないほど速くなっています。


地球の気温も、このままだと今後100年の間に
今よりも4℃もあがると推測されます。


今後さらに野生の動植物が、
絶滅の道を辿らないようにするため、私たちには一体何ができるのでしょう、、、?



(くぼやん)
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。