そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寿公園に設置してあるSL。
なぜ中頓別町に保管されているか知っていますか?
中頓別町の歴史は、鉄道開通の歴史でもあります。鉄道は木材の町であった大正時代からその搬出に勇姿を見せました。
そこで町ではSL全廃を機に、9600形SLを町の歴史物として、子どもの科学資料として保存することに決め、旧国鉄に無償貸与してもらえることになったのです。


1976年6月2日、待望のSLが当時の中頓別駅に到着しました。
SL00.jpg
このSLは「蒸気機関車49648号」総重量95トン、全長16.563メートル、大正9年9月、川崎造船で製造されました。昭和50年3月に引退するまで走り続け、この間の走行距離は244万905キロメートルになりました。なんと、地球の赤道の約61周分にもなるんですよ~


しかし、町へ到着したはいいもののなかなか落ち着く先の決まらなかったSLは、暫く駅構内引込線に保管されていました。
その後、町自動車教習所の裏側旧道々用地の側へ設置されることが決まります。
SLの移動については、大変な作業だったようで、同年8月26日、大型トレーラー2台に5時間にも及ぶ積み込み作業と、翌日の搬入には1時間を要し、8月27日に設置が完了しました。
SL01.jpg


当時の町長の綴った言葉が刻まれた碑もあるので、是非SLの歴史に思いを馳せながら寿公園へ足を運んでみてはいかがでしょう
スポンサーサイト

この機関車は国鉄で最後まで残った三台のうちのひとつです。僚機の39679と79602は追分機関区の火災でダメージを受け、保存予定であったのが解体されてしまいました。よってこの49648が現存するSLのうちでは国鉄最後の蒸気機関車であったということになります。この機関車は歴史的には特別に重要な遺産なのですが、町の方々にはこのような事情をご存知の方はいらっしゃらないようで、放置されて酷い状態なのはとても残念なことです。
【2010/09/15 21:13】 URL | SL小僧 #GCA3nAmE[ 編集]
Re: タイトルなし
SL小僧さん、コメントありがとうございます。
なぜ寿公園にSLがあるのか疑問に思い、SLが中頓別町へ来るに至った経緯を調べてみたのですが、「この49648が現存するSLのうちでは国鉄最後の蒸気機関車」だったということは知りませんでした。
SL小僧さんの仰る通り、歴史的価値の高いこのSLの保存状態があまりよくないというのは非常に残念なことだと思います。
町民全体でこの歴史的遺産であるSLへの意識を高め、保存の取り組みをすることができたら良いですね。
【2010/09/17 09:48】 URL | あやのん #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。