そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月30日(日)
中頓別の豊かな素材を活かした手法を体感し、魅力の伝え方を
考えながら楽しい学び舎を一緒に創ってくれる仲間作り、スキルアップを
目的に大人の学びの場として「森とも学習塾」は年間6回行われます。


5月は「森のコミュニケーション」と題して、体験学習を通じて問題解決力や
思考能力、信頼関係作りの手法として使われるプロジェクトアドベンチャー
(PA)を体験を通して学びます。
子どものキャンプや社会人研修などで使われている手法です。


このような場面でPAを使うと効果的というシチュエーションを用意。
次の日にピンネシリ岳登山を控えた子ども達の信頼関係や、結束力を固める
ためのPA、名づけて「ピンネシリの森アドベンチャー」。
実際にプログラムとして可能か体験を通して検証してもらいました。
参加者の中にお子さん連れの方がいらっしゃったので、ゲームを体験する
子どもの様子を目の当たりにすることができました。


PAではゲームの中で課題を解決していきます。
一人で考え、行動していては、いつまで経ってもクリアできません。
そこでとても重要になってくるのが“コミュニケーション”です。


100530ピンネシリジャンプ 100530フープくぐり
全員がターザンロープで島へ渡ることができるか、いかにたくさんのボールを
集めるか、全員がいかに早くループくぐり抜けられるかといったように活動は
単純なのですが、みんなが理解してないと成功や良い結果が出すことができません。
みんなで相談しながら知恵を出し合っていくことで、結束が強くなっていくのを
感じることができました。


最後にはササを漕ぎ、一本の丸太を使ったゲーム、「倒木を超えていざピンネシリ」
初めはバラバラに丸太に上がっていきます。
全員が上がってから
丸太の上で誕生日順に並ぶというお題が出ました。
しかも丸太からは落ちないで、並び変わらなくてはいけません。


100530倒木超えていざピンネシリ
今までのゲームの中で信頼関係が築かれていた為、このような難題も
成功することができました。


お互いを知り・理解すること、1つの課題を多くの仲間と向き合うことによって
たくさんの知恵を受けることができるし、大きな力へとつながっていくということ
を短い時間のなかで実感することができました。
また1日中、仲間との久しぶりの野外活動はいい学びがあり、とても有意義な
時間となりました








スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。