そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月4日(木)
普段の顔は酪農家、もう1つの顔は冒険家のANHさんと一緒に
念願であったピンネシリ温泉の源泉へ行ってきました。


森の奥へ車を走らせます。
森が深くなってきました。
熊が出てきてもおかしくないような場所。
そう感じていると、
「あそこは熊が獲物を追い込むポイントなんだ」
と説明してくれました。
やっぱり...


今は源泉のすぐ側まで道が整備されていますが、
昔は途中までしか道がありませんでした。
ですからタンクを担いで沢を登って、温泉水を汲みに行ったそうです。


途中で車を止め、すこし上がって行くと水がチョロチョロ流れています。
その部分だけ土の色が違っています。 それが源泉の証拠とのこと。
ピンネシリの温泉は冷鉱泉なので、湯気は出ていません。
090604源泉 090604赤い
昔、温泉水が飲用可だったそうです。
しかし検査したところヒ素が少量含まれていることが分かり、
今は不可になっています。
「昔、ジュースの粉に源泉を入れて炭酸ジュースにして飲んじゃったよ」
とANHさん。
ちょっとだけ口に含んでみると、シュワシュワします。
温泉は地層の間から沸き出しており、一度タンクに集めて
沢の流れを利用して麓まで送っているとのこと。
090604中川へ
源泉の先の斜面を登ると平らな尾根に出ることができます。
昔は尾根づたいを歩き山を越え、物売りに行き来していた
「ポンピラ街道」がありました。
この街道を通って中頓別に入植した人もいます。
街道が通っていた場所に現在は、送電線が通っています。


090604風景
ポンピラ街道が開通していた当初、敏音知地区は大変
賑わっていたようです。
ここを通って...
と考えると遠いなぁって感じてしまいます。
でも、ここを通るしかなかったんでしょうね。


敏音知の歴史のルーツに触れたひと時でした絵文字名を入力してください
スポンサーサイト
温泉源泉
温泉の源泉の場所まで行くことなんてなかなかできないので貴重な体験ですね。
中頓別町民でも知らない秘境ですね。
冷泉なのが残念です・・・・。やまちゃん冷泉の味見をして体調は大丈夫ですか・・・?
無事を願います。

【2009/06/07 09:32】 URL | 魔女メグ #-[ 編集]

源泉までは地元人でも行くことはないでしょうねぇ(=Д=)
ずいぶん貴重な体験してますね。
【2009/06/07 22:58】 URL | おぽぽ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。