そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月23日(木)


IMG_8366_20120829134231.jpg
この日は久し振りに藤井日向線を歩いてきました。


IMG_8291.jpg
スタート地点の役場横に生えていたオニユリ。
今の時期はあちこちに咲いていてキレイですね。
図鑑を捲ると、原産は中国で「食用として持ち込んだ帰化植物」とあるので、食べてみても良いかも?


IMG_8302.jpg
こちらは道端に咲いていたアメリカオニアザミ(セイヨウオニアザミ)。
触るとチクチクしていてすごく痛いです。


IMG_8308.jpg
テントウムシ発見!
たぶんナナホシテントウさんですね。


IMG_8320.jpg
ススキがある~、と思ったら、これはヨシだそうです。
似てると思ったのですが、後日図鑑で見比べると結構違いました。


IMG_8325.jpg
真っ青できれいなツユクサ。実物はもっと鮮やかな濃い青をしています。
昔は畑に蔓延って苦労した厄介者だとか。
引っこ抜いて木の上にかけておいても1ヶ月くらいは死なない“つわもの”だそうです。
最近はあまり見かけなくなりましたね。


IMG_8331.jpg
じんぺい窯の近くに咲いているブシ。
結構たくさん咲いていて見ごたえがあります。
実はエゾトリカブトのことですが、ここらではブシと呼ぶそうです。


IMG_8361.jpg
日向線の奥に群生していたドクダミ。
もともとこのあたりにはない植物で、入植の際に持ち込んだものが野生化しています。
昔は貴重な薬草だったのでしょうね。


IMG_8369.jpg
昨年は全く実らなかったドングリが、今年は生っていました!
今からドングリ拾いが楽しみです。

(あやのん)

スポンサーサイト
8月22日(水)


今回の森のこども園では、色水遊びを実施しました。


DSC09256.jpg
まず始めに、色水づくりのデモンストレーションをしました。
コモンマロウという花を使って、透明な水に色をつけてみましょう。


IMG_8256.jpg
あら不思議!コモンマロウにお湯を注ぐと青色に変わりました(写真左)。
更にそこへレモンを垂らすと、きれいなピンク色に変わります(写真右)。
こんな風に、自然にあるもので色水を作ることもできるんですよ。


IMG_8261.jpg
続いて、水に魔法の粉を入れるとあら不思議!真っ赤に色が変わってしまいました。
実はこの魔法の粉というのは食紅で、他に青・黄・緑も作って変化を観察しました。


IMG_8268.jpg
さて、いよいよ色水遊びの開始です。
みんなで食紅で作った色水を使った吹き絵に挑戦しました。


DSC09292.jpg
なかなか芸術的ですね。
遊ぶうちに、色を混ぜると新しい色ができることを発見して、準備した4色以外にも紫や黄緑を作っていました。


IMG_8285.jpg
この日はとても暑かったので、最後にオマケで水遊びをしました。
う~ん、気持ちよさそう!

(あやのん)

8月17日(金)-18日(土)


ゆうち自然学校主催、2泊3日の「宗谷・自然体験たっぷりキャンプ」の2日目夕方~3日目の活動の、そうや自然学校での受入れがありました。
夕方、自然学校に到着してからグラウンドにテントを張り、この日は夕食のカレー作りで活動は終了。


CIMG2798.jpg
翌朝、中頓別での自然体験1発目は、頓別川カヌー下りです。


CIMG2800.jpg
この日は水量が少し多く流れが速かったため、あっという間にゴールまで下ってしまいました。


CIMG2802.jpg
時間が余ったので、寿川原の岩場から飛び込みにチャレンジ!


CIMG2803.jpg
みんな、様々なポーズを決めながら飛び込んでいました。
川の流れが速いせいで、岩場へ行くには上流から数人でスクラムを組んで川を渡り、川岸を枝をくぐったり跨いだりしながら進まなければたどり着けなかったのですが、「面白い!」と何度も繰り返し飛び込みにチャレンジしていました。


CIMG2808.jpg
川遊びの後は砂金掘り体験場へ移動して、お弁当タイム。
参加した子どもたちの考えた、オムライス弁当を美味しく頂きました。


CIMG2812.jpg
さて、いよいよ砂金掘り体験の開始です。
生活職人のCKYMさんに、砂金掘りの仕方を教わります。


TS3Z0656.jpg
体験が始まると、子どもたちは熱中して砂金を探していました。
今回は、大粒の砂金をGETした子もいましたよ。


14時過ぎに砂金掘り体験を終了し、子どもたちは稚内へと帰って行きました。
また中頓別に遊びに来て下さいね!

(あやのん)

8月9日(木)


TS3Z0613.jpg
この日は上駒~松音知線を歩きました。


TS3Z0620.jpg
アスファルトから元気に咲いているフランスギクが、目を楽しませてくれます。


120809 アカツメクサ(ムラサキツメクサ)
まだまだアカツメクサ(ムラサキツメクサ)も咲いています。


120809 エゾクガイソウ
写真だと色が飛んでしまっていてわかりにくいですが、きれいな紫色のエゾクガイソウが見頃です。


TS3Z0614.jpg
藤駒橋から見た小川。ヤマベいないかな?


120809 オオイタドリ
厄介者扱いされることの多いオオイタドリですが、花が咲いているとキレイですね。


120809 エゾノヨロイグサ?アマニュウ?エゾニュウ?
う~ん、この植物は果たしてエゾノヨロイグサなのかアマニュウなのかエゾニュウなのか・・・。
植物の同定は難しいです。


TS3Z0622.jpg
久々の良いお天気だったので、空と草木のコントラストがとてもきれいでした。

(あやのん)

8月8日(水)


今回の森のこども園は、ちょっと遠出をして敏音知までやってきました。
目的は、自然学校の裏手を流れる頓別川での水遊びです。


DSC00611.jpg
少し曇りがちで気温も低く、水温は冷たかったのですが、子どもたちは元気です。
手に手に網や箱メガネを持ち、川へざぶざぶ入って行きます。


DSC00612.jpg
網で魚を掬ったり、


DSC00621.jpg
箱メガネで水中を覗いたり、大忙しです。


ヤマベやドジョウなどを捕まえることができ、みんな大喜びでした。
捕まえた生物たちは、活動の終わりにそっと川へ放し、みんなでバイバイしました。


お昼のお弁当を自然学校で食べた後は、道の駅の公園での活動です。


DSC00633.jpg
雨プロとして準備をしていた「カモフラージュ」というネイチャーゲームをしました。


DSC00635.jpg
茂みの中に、10個の人工物(ハサミ、ボール、テープなどなど)が隠してあるので、よく観察して探し出します。


DSC00636.jpg
青いラインを超えないよう注意しながら、目を凝らして人工物を探した結果、みんな7個以上は見つけていました。
もっと難しくしても良かったかな?


DSC00643.jpg
ゲームの後は、公園の遊具で自由遊びをしました。
DSC00648.jpg

(あやのん)

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。