そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月4日(木)


児童クラブさんの川遊び体験を実施しました。


IMG_9511.jpg IMG_9514.jpg
まずは川の中にプールを作りました。隙間ができてしまったり、積み上げた石が崩れてしまったりとなかなか大変です。


IMG_9526.jpg IMG_9546.jpg
プールが完成したら、はこメガネで水中を覗いたり網で小さな魚を捕まえたりして遊びました。
捕まえた魚は、もちろんさっき作ったプールの中です!
気がつくとプールに入れたはずの魚がいなくなったりしていたようなので、やっぱりちょっとプールづくりは難しかったみたいです。


IMG_9709.jpg IMG_9788.jpg
後半は、フローティング遊びもしました。
暑い日だったので、とても気持ち良かったようです。

(あやのん)

スポンサーサイト
7月31日(日)


稚内の子どもたちがやってくる「十夢宗谷自然探検学校」事業の受入れがありました。


CIMG1274.jpg DSCN8211.jpg
総勢100名程の子どもたちが、各々いろいろな体験に分かれて活動しました。
砂金掘り、川遊び、魚釣り、ものづくり、アイス作りなどなど。
それぞれ中頓別を思いっ切り満喫してくれたようです。


IMG_9484.jpg IMG_9492.jpg
活動終了後は、みんなでジンギスカン!!
そうや自然学校スタッフも誘って頂いたので、一緒に食べさせてもらいましたよ~。


稚内市の皆さん、また中頓別へ来て下さいね。
7月24日(日)~30日(土)


6泊7日の、夏の森もりキャンプを実施しました。


CIMG0734.jpg
1日目は、キャンプのルール作り。
リーダーを決めたり、色々な役割分担やみんなの約束事などを話し合いました。


CIMG0799.jpg CIMG0816.jpg
2日目は、敏音知岳登山。
ちょっと時間がかかりましたが、なんとか全員で登頂成功!!
道中、草笛で遊んだり景色を眺めたりしながら楽しく登山をしました。


DSC06900.jpg CIMG0882.jpg
3日目は、遠別町のみなくるびーちへキャンプに行ってきました。
夏と言えば海!!ということで、泳いだり砂に埋められたり、中頓別には無い海を満喫してきました~。
波打ち際に砂のお城を作ったり、カニを捕まえてきたりもしましたよ。


DSC01539.jpg DSC07066.jpg
4日目と5日目は、ゆうち自然学校へ行ってきました。
小川で魚捕りをしたり、木に張り巡らされたロープで遊んだり、犬の散歩をしたり、ミミズ掘りをしたり、色々な体験をさせてもらいました。
また、ゆうち自然学校ではカヤニファームというたまご屋さんも営んでいて、朝の卵拾いもさせてもらいました。まだあたたかい卵に触れて、子どもたちは楽しそうにしながらもおっかなびっくりだったようです。


IMG_9095.jpg IMG_9200.jpg
6日目は、頓別川でカヌー体験をしました。
カヌーといえば勃発するのが、水掛け合いっこ戦争です(笑)。
スタッフも子どもたちもみんなびしょぬれになりながら、カヌーも水遊びも満喫しました。


7日目は、これまでの活動のまとめをしてお昼前にキャンプ終了となりました。
長いようで短かった6泊7日、みんなお疲れ様~!!
7月23日(土)~24日(日)


岡島小学校さんの受入れがありました。


DSC01225.jpg DSC01242.jpg
まず1日目は、砂金掘りにチャレンジ!
地域の名人に教えてもらいながら、みんな夢中になって砂金を探していました。


DSC01308.jpg
砂金掘りの後はそうや自然学校に戻ってバーベキューです。
枝幸から新鮮なホタテなども持ち込んで、とっても豪華な夕食となっていました。
自然学校スタッフもご馳走してもらっちゃいましたよ!!


DSC01311.jpg CIMG0712.jpg
2日目は、敏音知岳登山にチャレンジ!
少し時間がかかりましたが、無事に登頂できました。


岡島小学校のみんな、またそうや自然学校へ遊びに来てね~!!
最近は受け入れが多くて嬉しい日々です。


写真はごちゃごちゃになってしまいましたが、


8/21日 北海道海鳥センターのジュニアレンジャー
8/22日 被災地の子どもたち+神奈川県の子どもたち
そして今日、士別南中学校の生徒たちが鍾乳洞へと来てくれました。



IMG_8362.jpg


シバザクラの説明をしました。
6月ころに鍾乳洞一帯を彩るシバザクラの姿は圧巻です

毎日毎日、鍾乳洞の管理に勤しむ方々には頭が下がります。
いつもありがとうございます。


IMG_8281.jpg


ここの池には、エゾサンショウウオが生息しています。
やっぱり小さい子供たちは、動く生き物に興味津津。
ここではサンショウウオのほかに、トンボの説明をしました。




IMG_8381.jpg



鍾乳洞内は毎度大人気!!

全長が60m程度しかない鍾乳洞なんですが、せまくてスリリングで楽しめます。



IMG_8278_20120327153908.jpg


ドリーネルートを通ってぬく森館へと戻ります。


この日はゴジュウカラや



ゴジュウカラ


ハシブトガラや


ハシブトガラ (2)



アカゲラ (5)



アカゲラを確認することが出来ました!!


野生生物を直に見ることができて、受け入れ先の子どもたちはみんな喜んでいました


今後の受け入れも楽しみです!



(くぼやん)
被災地の子どもたちも地元へと帰り、
にぎやかだった中頓別町も少しさびしくなってしまいました


外の気温もだんだんと涼しくなり、短い夏が終わろうとしています。
鍾乳洞では、もう紅葉を始めてる植物もちらほら…
春→夏→秋が一気に駆け抜けていく北海道ならでは感覚を現在味わっています



ネジバナ (4)



歩きながら夏の終わりに咲く花を探してあるいていると…あっ!ありました

散策路でネジバナを発見!!花のつき方が特徴的。
一度覚えたら忘れることはないでしょう。


エゾトリカブト (3)


今度は仕事の帰り道、鍾乳洞を出てすぐの国道でエゾトリカブトを発見


綺麗な外見とは裏腹に、猛毒の植物という事で有名です。
決して食べないように気をつけましょう。


楽しくなってさらに歩いてみると…


オニユリ (5)


クルマユリ…? いいえ違います。
このお花は「オニユリ」という名前です。


一つの株にたくさんの花が付きます。
もともとは中国原産の植物で、食用として日本に持ち込まれたそうです。
だいたい1m程度まで成長し、見た感じのインパクトは結構あります。


夏から秋へ。
季節の移り変わりとともに、新しい発見が生まれます。


(くぼやん)
続きを読む
お久しぶりです。


最近はちょいとばたばたしていてブログの更新が滞っていました
えーーっと。8月の2日に鍾乳洞で「オオアカゲラ」を発見しました!!



オオアカゲラ (9)



きょろきょろ辺りを見回すオオアカゲラ君。
動物たちが活発に活動を行う早朝散策、ロマンがありますね。



オオアカゲラ (17)


頭が真っ赤なんです。「アカゲラ」との見分けは難しいですが、
体のサイズがアカゲラよりも全然大きいという所で、見分けることができます。
木をコンコンと夢中になって突いていました。餌を探していたのかな??



(くぼやん)
7月22日(金)


中頓別神社祭の宵宮に行ってきました!


SN3J0006_20110804155608.jpg
夏祭りにお化け屋敷の屋台があることにまずビックリ!
並んで待っている間、中から聞こえてくる悲鳴が絶えませんでした。
そして順番が回ってきてウキウキしながら入ってはみたものの、実は私はお化け屋敷が全然怖くないので、背筋も凍るようなリポートができません、ごめんなさい!一緒に入った小学生はとっても怖がっていました!!
つくりもかなり本格的で怖がらせる工夫満載なので、大人でもお化け屋敷大好きな方は楽しめると思います。


SN3J0008_20110804155608.jpg SN3J0009_20110804155608.jpg
お祭りといえば、夜店での買い食いですよね。いつもお祭りの時に出店している町内の方の屋台の他にも、今回はB級グランプリのホルモンうどんがあったり、極上生フランク(超ビッグサイズ)があったり、クレープがあったりしました。



SN3J0007_20110804155608.jpg
懐かしの(?)水笛屋台。
今はキャラクターの人形が笛に乗っかってるんですね~。色とりどりでとってもきれいでした。

(あやのん)

昨日おとといは中頓別町ジオパーク登録へと向けた取り組みの一環として、
ジオサイト視察団の方々が鍾乳洞へとやってきました。



IMG_4859.jpg



この機会に、中頓別鍾乳洞内で新しく発見された新洞の掘り起こし作業も行いました


新洞内には、なんと鍾乳石もあるのですが、
鍾乳石は空気に触れるとどんどん黒ずんでいってしまうため、
普段は空気が入らないよう土をかぶせて完全密閉状態にあるんです。


この新洞を発見したのは中頓別町に住む姉歯和男さんで、
普段の職業は酪農家、プライベートでは探検家というスーパーマンです。


年に数回しか開放しないという新洞を掘り起こすための作業を、
長く中頓別鍾乳洞の管理業務に携わっていた高橋さん、町役場の後藤さんと共に行いました。


IMG_4867.jpg



この作業はなかなか大変でした。一時間ほど黙々と掘り進めると…

だんだんと新洞の姿が現れてきました。



IMG_4870.jpg



そこに、視察の方々も丁度到着し新洞内を視察です。


新洞の中はせまく、大の大人であれば
這いつくばって前へ前へと進んでいくような感じの内部です。


これこそ本物の探検というような感じもしますけどね。



IMG_4890.jpg



おためし暮らしで11日まで中頓別に滞在予定の親子も、
運よく本日の新洞開放を見ることができました!
喜んでくれていたので、うれしかったです。



IMG_4877.jpg


最後に僕も新洞へと潜入しました!!

内部はこんな感じで、鍾乳石がいたるところにありました

せまいながらも鍾乳石は本当に綺麗で、随分の間みとれてしまいました。



IMG_4883.jpg


何千万年もかけて出来上がった、地球が生きているという証ですね。


この新洞については何か手を加えるわけでもなく、
このままそっとしておいてあげてほしい。
というのが僕の願いです。見ていてそう思いました。


次掘り起こす日は一体いつになるのでしょうか……

いずれにせよ、この新洞は中頓別町の宝だなと実感しました。



(くぼやん)

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。