そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の森もりキャンプが始まりました

今回のテーマは「頓別川の終わりを見に行こう」です

手段はカヌーで川の様子を観察したり、徒歩で16km移動したりと自然学校が始まって初の冒険キャンプなのです


一日目の今日は、緊張をほぐすゲームやチーム力を高めるゲームをして、子どもたちの中から以下のキーワードが出てきました
P7260672.jpg P7260679.jpg

1、仲間と協力する
2、仲間と助け合う
3、仲間を信じる
4、最後まで諦めない
P7260681.jpg

これらのキーワードを頭の中に入れながら、たくさんたくさん良い思い出を作って欲しいなぁと考えています


明日は冒険第1弾のカヌーアタック

頑張るぞ~
スポンサーサイト
100723_1826_01[1] 
「敏音知の夕陽」


今日は町役場で明日からの「とびだせ探検隊in初山別」と

7月26日からの「夏の森もりキャンプ」の打ち合わせをしてきました。



打ち合わせを終えて自然学校へ戻ってくると、とってもきれいな夕陽が!

光あふれだす金色の木みたいで、うっとりするような幻想的な光景でした。



'10/07/23
あやのん
7月17日

カヌーの1日。
a.m.中頓別いいとこ探し隊カヌー体験
P7170537.jpg  P7170539.jpg
子ども達は1年ぶりのカヌー体験
あいにくの小雨模様となりましたが、雨のカヌーもなかなかの良い雰囲気で、一生懸命漕いでました。
P7170542.jpg
でも、やはりメインは川遊びとなります
ラッコみたくプカプカ浮いたり、じゃいあんに水をかけたり...大人も加わり本気の川遊びとなりました。
無邪気で遊ぶ姿と笑顔を見れるだけでとても幸せな気持ちになりますね

カヌーの1日後半戦。
P7170553.jpg
頓別川の下見ということで、浜頓別町宇曽丹地区にあるサケ・マス捕獲場から頓別漁港まで下ってきました。
中頓別とは違い、下頓別から川幅が徐々に広くなり、流れも緩やかになってきます。
また、河畔林の次にスゲ類が増えはじめて、湿原の様相に変化してきます。
P7170560.jpg  P7170576.jpg

P7170580.jpg  P7170586.jpg
いよいよゴール地点の浜頓別橋が見え始めます。約2時間くらいかかりますね。川幅が広くなる分、流れも緩やかになるので、たくさん漕がないとなかなか進みません。ここまで来ると、海鳥が飛んできたり、磯の香りもして、海に近づいてきたなぁと実感できます。
ゴールして、河口付近から敏音知岳を見ると、達成感がいつもの倍以上感じることができました。
7月15日~16日

P7150496.jpg

浜猿払小学校の生徒7名と登山をしてきました。
天気は曇り後晴れで、日差しがあたると暑いですが、時より冷たい風が体を包み、癒されました
P7150497.jpg

登山道の白樺の泉から、だんだんみんな話し声が減り始めましたが、辛くなったときは「頑張るぞ~「お~う」のかけ声が山中に響きわたり、みんなの気持ちのモチベーションが高まっていました
ある子どもは木魚と同じ音がなる楽器?を持ち、ポクポクポクポク
と鳴らしていました
森とセミと鳥と木魚。
異様なアンサンブルでした


正直、炎天下の中、厳しいかなという気持ちがありましたが、子どもたちの「絶対最後まで登ぼる」という気持ちが強かったのか、リタイア無しの登山成功となりました
6月27日(日)

朝6時20分起床
身支度を済ませると、朝のお勤め(おあさじ)が始まりました
P6270136.jpg
今回は住職に用事がありまして、急遽幼なじみでもある息子(若さん)さんに頼んで、行えることになりました
若さんの言うとおりに、みんなも経本を読んでいきます音階があるので歌に近い感じがします。
独特な音階なので、きちんと読めたかな?
正座をして、みんな真剣に読んでいました
おあさじが終わると、若さんの講話が始まりました
昨日どんな楽しいことをしたのか、今日どんな楽しいことをするのか。
全て終わった時に、そこにはどんな人達が関わっていたのかを考えてみよう思い出してみよう。
というような講話でした


講話が終わると、朝食作りが始まります
みんなできちんと分担作業
子どもたちはキャンプの常連リピーターなので手際がとても良いです

P6270139.jpg
朝食はサンドイッチと目玉焼き、サラダ、牛乳、そして稲垣さんが作ってくれた精進スープ
おいしく頂きました

P6270141.jpg
朝食の後片づけを済ますと、いよいよお寺体験
本堂で親鸞さんや聖徳太子のお話を聞いたり、
お経が書いてある巻物を見せて頂いたり、
納骨堂などを見学させて頂いたりしました
普段あまり関わりのないことなので、
とても貴重な体験ができたのかなと思います


お寺体験が終わり、幌延町のトナカイ牧場に移動し、トナカイ見学
P6270142.jpg P6270143.jpg

トナカイの正体を探るべく、トナカイとエゾシカとの違いを説明しながら見学をしました
大きな違いは、トナカイはメスにも角が生えるということと、雪の上でも埋まりにくい大きな蹄があるということですかね

後、トナカイという名前はアイヌ語のトゥナッカイから由来しているということ
北海道にトナカイは生息していないのに、不思議ですね~
アイヌ民族のルーツは北方から来たので、多分そこから言い伝えられてきたのかな


トナカイ牧場を見学し、豊富温泉で入浴を済ました後、中頓別に戻ってきました


いい思い出ができたかな
たくさんの人達と交流し、仲間をつくり、
また中頓別とは違った地域に入ることにより、とても良いとても貴重な体験・経験ができたと思います。


7月になると、いよいよ子ども夏キャンプがスタートします。また是非参加してもらい、こういった経験を存分に活かしてくれればと思います


そして、また3町合同の連携事業を行っていきたいと考えています。


じゃいあん

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。