そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。じゃいあんです。
僕の休日の過ごし方は食料の買出し・実家(幌延)へ帰る・自然散策が基本となっております。
今日は天気が良かったので、春を探しに兵安歌登線へ行ってきました。
P4271843.jpg
エゾエンゴサクです。花はまだ咲き始めですが、もうじき道路脇に青いじゅうたんが
アイヌ語では「トマ」と言います。
意味は塊茎(地下茎)で、この塊茎にはでんぷんが含まれていることから大事な食料とされていました。
食べ方はシンプルで水で洗ってから茹でて食べるか、また冬の保存食として乾燥させて、水で戻してから、和え物や脂をつけて食べていたそうです。ちなみに、花の部分は天ぷらにするとおいしいです。


この兵安歌登線は僕にとっては見所が多い場所なんです。
春のお花の他に、僕の大好きなヒグマがよく出没する場所なんですね~。
そんな訳で休日となると足跡探しに出かけている訳です。
残念ながら今日はハンターさんと追われている鹿の足跡しか発見できませんでした。
僕も撃たれないように気をつけないと。
P4271860.jpg
これは岡本線林道の入り口です。4月25日の夕方に足跡があったそうです。
岡本線は町から近いので注意が必要です。
これから山菜採りのシーズンなので、みなさん気をつけましょうね。
スポンサーサイト
P4091575.jpg
福寿草の花が咲き始めました。いよいよ春のお花の季節です。
フクジュソウは、アイヌ語で「チライアパッポ」(イトウ・花)と言います。
福寿草が咲き始めると、まもなくイトウが産卵のために川を遡上し、そのため漁の支度を告げる漁兆の花として伝えられています。
近年のイトウの生息分布を見ると、頓別川の辺りは近年絶滅ないしほぼ絶滅となっていました。
イトウだけではなく、他の生き物たちも棲みやすく、綺麗な環境にしないといけないなぁと改めて感じました。

じゃいあん
katura.jpg katura1.jpg
上頓別の零号の沢へ行ってきました。
どーんと出迎えてくれたのは、カツラの巨木です。
山地の沢沿いや、湿った場所を好む落葉樹です。
樹皮も特徴的で、何度も何度もねじれるように成長します。


ここまで大きいカツラの木は、大雪山国立公園で見たことがありますが、
中頓別ではなかなかお目にかかることができません。
感動です。
                         じゃいあん


さて、この零号の沢の魅力はなんと言っても巨木が多いことです。
ヤチダモ、ミズナラ、ハルニレそしてカツラ。
100330ミズナラ


この存在感のある木々を見ていると、パワーをもらいますね。
ミズナラの巨木を発見
近くまで行ってみると、幹に大きな空洞があいています。
人が入れるくらいの大きさです。なので、入ってみることに。
100330巨木の中へ
空洞は上までつながっています。


巨木たちの緑の生い茂った姿を見てみたい気もしますが、
この季節にしか会いに行けないということが
いいのかもしれませんね。


この日は満月だったので、月夜スノーシューハイクへ。
知駒峠まで行ってきました。
暗くなってきたのにまだ月でてこない...
月よ出てこい!と願いながら峠の駐車場へ向かいました。
走行中に車の窓から雲が少しかかった
ぼわ~んとした月が見えてきました


駐車場に到着。
徐々に月が昇り、雲間から抜けてまん丸のお月さま登場
中頓別周辺の山々が月明かりに照らされて見えます。
月明かりで見下ろす景色も中々良いものですよ


100330満月の夜
私のカメラではこれが限界です...
月明かりの風景の美しさが伝えられないのが残念です。
                          やまちゃん

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。