そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090618こまい
6月18日(木)
釣り名人SUMさんと仲間達で
タラ科の魚、氷下魚(こまいを釣りに夜の枝幸の漁港へ。
北海道の冬の代表の魚のようです。
私はコンビニのおつまみコーナーで見かけます。


氷下魚(こまい)という名前は厳冬期に氷を割って漁獲
したことから名付けられています。
別名、寒海(かんかい)とも呼ばれています。
夜行性の群れで動く魚で、シーズンは12月~2月
のようです。


6月の今でも、冬より小さなこまいが釣れます。
こまいはえさ釣りでイソメを針に付けます。
ミミズをイメージしてイソメとご対面。
足がたくさんあり見た目は「おっと・・・絵文字名を入力してください


釣りはほとんどやったことがありせんでした。
釣り糸ってまっすぐ飛んでいかないものですね・・・
それでも1人で4匹ゲットですファイト
合わせて10匹以上釣れました
帰りは完全に体が冷え切ってしまい、寒かったぁsc04


SUMさんが一夜干しにしてくれました。
おいしそうです
軽く炙って頂きたいと思います絵文字名を入力してください
スポンサーサイト
090614撮影
6月17日(水)
敏音知(ピンネシリ)地区に位置するそうや自然学校は、
団体の宿泊が受け入れられる施設として改修工事が
行われています。


7月いっぱいが完成予定です。
朝早くから作業を行っており、
家で支度をしているとカンカンと音が聞こえてきますアップロードファイル
お昼には理科室の壁がなくなっていました。
090617教室 090617壁がっ
どんよりした天気が続いています。
なかなか作業日和になりません・・・雨


090613基準パイプ設置
土台づくり
6月13日(土)
天気は雨。
土のう袋の高さの基準となるパイプが設置されました。


090615たこの儀式
6月15日(月)
土のうを積み重ねる部分に砕石を敷いて、たこで突き固め、
高さを水平にする作業を行いました。
家作りを順調に進めるためにも基礎をきちんとしておくことが
肝心です。
090615土台づくり


土が湿っており、今後レベル(高さ)が最初に比べると下がって
くる可能性がありそうです。
6月13日(土)
中頓別の素材から興味のあるジャンルにおいて腕を磨いて
もらい、中頓別の魅力を発信する仲間づくりとして
「生活職人養成講座」を行っています。


第1回目は講師に三木 昇さんをお招きして、
「自然の見方・まとめ方」と題して
樹木や花を見るだけではなく、触ったり、においを嗅ぐなど
フルに五感を使い植物を調べ、図鑑作りを行いました。


090613植物採取中
天気は雨模様。予定していたところまでは行くことはできませんでしたが、
普段の登山だと、5分ぐらいの場所で図鑑材料となる植物を採取。
その距離だけでも、様々な植物があります。
同じ種類だと思っていた、またそれとは逆に違う種類だと思っていた
植物をよぉ~く見て、触ってと調べると、決定的に特徴の違う部分、
同じ部分を発見。
正体をあばくようで、少し探偵になった気分です。


090613よいしょよいしょ!!
ある場所で採ってきたシナノキの皮。
スルリと剥けます。
剥いた皮を思い切り引っ張りあっても全然切れませんでした。
アイヌの人はシナを暮らしに取り入れられて樹皮が綱や網に
利用されてたそうです。
乾くともろく切れやすいですが、水につけておけば丈夫ということで、
昔、ニシン漁が盛んだった地域にはその綱や網が残っているそうです。



090613図鑑お披露目会
出来上がった図鑑には、2009年6月13日敏音知岳登山道の
植物について、臭いや触った感じなど植物図鑑には載っていない
ことが載っている基調な図鑑が出来上がりました。
さらに調べた植物には中頓別ネームを付けてもらいました。



090613ペッタンコンブ
ただ見るだけではなく、におい、触感、味?などを知ると記憶に
残りやすいかも。
同じ空間なのにいつもよりも視野が広がり様々な植物に
出会った1日でした。
090611雨のため中止
3日目 6月10日(水)
次の日から雨の予報なので、掘った穴に水がたまらないように
排水工事作業。
土の埋め戻し、排水パイプ部分の砂利敷き作業が行われました。



090611土のう袋到着!
本日11日は雨のため作業はありませんでした。
土のう袋やたこ等の資材道具が搬入されました。


次の作業は13日(土)の予定です。
6月8日(月)
そうや自然学校の校庭に、
中頓別で英語指導助手をしているジェレッドが中心となって
アースバッグハウス作りが始まりました。

アースバックハウスとは、
土、砂、火山岩などを土のう袋に詰めたものを使って家を作ります。
このアースバックハウス、地震や火災に強く非常に丈夫です。
さらに保温性が高く夏は涼しく、冬は温かい
ほとんど自然にあるものを使うので環境負荷が低いだけでなく、
建設材料も普通の家を建てるのと比ると断然リーズナブルなのだとか。


*初日*
090608アースバックハウス スタート
地盤を家の形の円形に掘り下げた後、測量。
壁をつたう雨水が流れるように周囲にパイプを通す部分を
勾配をつけて土間よりさらに掘り下げました。


2日目(6月9日) ~排水工事~
090609排水工事
排水溝へ流れるようにそこまでパイプをひいて、
コンクリート溝に穴をあけて、パイプを通す作業。
開けた穴とパイプの隙間をモルタルで塞ぎます。


アースバッグハウスづくりに協力して頂ける方お待ちしています絵文字名を入力してください
090607中頓別鍾乳洞まつり
6月7日(日)
中頓別鍾乳洞自然ふれあい公園にて鍾乳洞まつりが行われました。
というわけで、中頓別には鍾乳洞があります。
ホタテ貝やフジツボの殻が密集して体積したものが石灰岩となり、
長い年月をかけて溶けて、侵食され形成されたものです。


今年は、スタートは小雨模様。
お昼頃をめがけてお客さんが増えてきました。
中学生によるよさこい演舞、ヒントを辿るウォークラリー、歌謡ショー
などのイベント、出店も出ています。

開会のあいさつの後、よさこいが演舞が始まりました。
みんな決まってますかっこいいぞ!!
ゾクッとしましたsmile-8
090607よさこい


自然学校では
茂みの中に何個隠されているのか、数をあてるゲームを実施。
隠しておいた場所へ移動すると、おっと絵文字名を入力してください
何個か1ヶ所にまとめられている・・・
子ども達に反対を向いてもらっている間に隠し、
気を取り直して、ゲームスタート初めは見えてなかったものが、2回目は発見!と
ラストの3回目で何人か全部見つけることができましたグッド


途中雨もあがりシバザクラ、はたまた花よりジンギスカンを楽しむ
人たちとで賑わいを見せていました絵文字名を入力してください

6月2、4、5日
中頓別鍾乳洞ふれあい自然公園では5月31日~1週間、
見頃を迎えたシバザクラがライトアップされてます。
普段16:30で閉園のところ、期間中は夜9時までオープン
しています。


そこで期間中に特別3日間、夜の公園を使ってナイトハイクを実施。
下見のとき、この時期になると7時がまだ明るかったことを
再認識したのでした...
8時頃にようやく暗くなって、陽が落ちるのと一緒に鳥の声もピタッと
しなくなりました。


1日目は月明かりに照らされながら夜道を散策。
2日目、3日目はもやがかった天然ミスト(じりかな?)を
浴びながら園内を散策。
1日目に比べると、さらに静けさが漂っています。
3日間とも雰囲気の違ったナイトハイクでした月と猫


人間の目だってちゃんと暗さに慣れると目ライトなしでも森の中を
散策できるんですよ

6月4日(木)
普段の顔は酪農家、もう1つの顔は冒険家のANHさんと一緒に
念願であったピンネシリ温泉の源泉へ行ってきました。


森の奥へ車を走らせます。
森が深くなってきました。
熊が出てきてもおかしくないような場所。
そう感じていると、
「あそこは熊が獲物を追い込むポイントなんだ」
と説明してくれました。
やっぱり...


今は源泉のすぐ側まで道が整備されていますが、
昔は途中までしか道がありませんでした。
ですからタンクを担いで沢を登って、温泉水を汲みに行ったそうです。


途中で車を止め、すこし上がって行くと水がチョロチョロ流れています。
その部分だけ土の色が違っています。 それが源泉の証拠とのこと。
ピンネシリの温泉は冷鉱泉なので、湯気は出ていません。
090604源泉 090604赤い
昔、温泉水が飲用可だったそうです。
しかし検査したところヒ素が少量含まれていることが分かり、
今は不可になっています。
「昔、ジュースの粉に源泉を入れて炭酸ジュースにして飲んじゃったよ」
とANHさん。
ちょっとだけ口に含んでみると、シュワシュワします。
温泉は地層の間から沸き出しており、一度タンクに集めて
沢の流れを利用して麓まで送っているとのこと。
続きを読む
090601B☆Luck
6月1日(月)
道内を中心に活動しているグループ「B☆Luck」が
道の駅「ピンネシリ」にてミニライブが行われました。


約1ヶ月半かけて車で北海道完全制覇の旅しながら
訪れる地域にてボランティアやミニライブなどで北海道を
元気にするプロジェクトを展開中で道の駅「ピンネシリ」を
訪れたときはちょうど出発してから
10日目とのことでした。


イケ面のお兄さん達が歌やパフォーマンスを披露。
TRT局長にご指名がかかり、皿回しに挑戦の交流ありと
雨模様の中、さわやかな風が流れたひと時でした風
090601よっ、お見事!
6月2日(火)
食生活クラブ「北あかり」の集まりで山菜採りに行ってきました。
採れたての山菜を料理してみなさんで堪能するのはもちろんですが、
毎年2月に行われる「健康づくり講座」に作る料理用のフキをこの時に
漬けておきます。
090602タケノコ採り
タケノコ採りは結構大変なんです


いろんな山菜が採れましたよ。
今日の収穫は・・・
セリ、ボンナ、イケマ、ミツバ、ウド、フキ、根曲がり竹 です。
やっぱりフキを採るのは難しいですね。
切って中をのぞくと・・・ 虫が入っていますアップロードファイル
山菜やきのこに詳しいWNBさんはあっという間にフキを
採っていました。 さすがですねキラ


来年のためのやさしいフキの採り方は、
主に一番最初に出てくる茎を採って
2番目以降の葉(中ブキ)は残しておくそうです。
続きを読む

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。