そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0904カヌー修理1
中頓別には地域の方々が作ったカナディアンカヌーがあり、
6月中旬ごろから町を流れる頓別川でカヌーが始まります。


0904カヌー修理2
いつもシーズンが始まる前に、カヌー修理をしてくれていたRKZさんの
代わりにJANとTETさんが美深のカヌー職人に学びながらカヌー修理を
行いました。


3日間で10艇を修理。 
現在、塗料を乾燥中...
想像以上にカヌー修理は大変な作業であったことを実感です。
RKZさん毎年ありがとうございました。絵文字名を入力してください


川から眺めも、またいいんですよね山と空


スポンサーサイト
3月19日(日)
中頓別は山に囲まれています。
雪がしまった頃に山へ中頓別の山男KNZさんと一緒に何人か集まって
登山へ出かけています。
今年は珠文岳(761m)登山に参加させてもらいました。
天気も良く、どんな景色を望むことができるのか楽しみですアップロードファイル


頂上はいったいどこ?見えているのだろうかと思いながら
周りの景色を楽しみながら、はたまた「おっ絵文字名を入力してください」と覚悟して斜面を登っていきます。
頂上はあそこだったら・・・と先を進みます。


090419水平線 090419青空
オホーツク海の水平線が見えてきました。
とにかく気持ちの良い青空です。


090419アカエゾマツ
先の方は折れていますが、太い幹をしたここの重鎮であろう
アカエゾマツに出会いました。
その先に浜頓別の風車が見えます。



090419ダケカバ林 090419ポロヌプリ
あるところを境にして、ダケカバ林に突入。
昨年登山しているポロヌプリが見えてきました。


090419頂上?
その先に頂上らしき場所が!!
続きを読む
090412アカエゾマツ林
4月12日(日)
アカエゾマツの群生林が広がる知駒峠へフィールドワークへ。
摺鉢山の麓に湧き水が出るところがあり、その湧き水を目指すことに。
辺りには幹が太くて立派なアカエゾマツが生えていました。


湧き水はまだ雪の下なのか見当たりません。
雪が積もっている沢の上を進んでいくと、
「スボッ」
JANが雪に埋まり、足は水浸しに・・・絵文字名を入力してください
沢までの雪の厚さはそれほどなかったようです。危ない絵文字名を入力してください
なので、私は陸地であろう場所へ移動。
耳をすませば雪の下から「ゴォォォー」と流れる音が聞こえてきます。
湧き水はもう少し雪が融けてから汲みに来たいと思います。


= 夕方 =
SZYが仕掛けておいたシラカバ樹液を取りに一緒に行ってきました。
090412樹液採取
このようにして少しずつ幹から出る樹液を集めます。
本日は2本の木に仕掛けておいた1つのシラカバから4ℓのペットボトル1本分、
そしてもう1つのシラカバからは2本分取れました。


090412クマゲラ
その近くには、キツツキの仲間「クマゲラ」の採餌痕がありました。
これでもか!と言うほどつついてあり、下にはたくさんの木屑が落ちています。
まだお目にかかったことがなく、気になる存在です。





「敏音知岳」 定点観測の模様をお届けします。

s-DSCF8273.jpg s-DSCF8310.jpg
3月10日                    3月16日


s-DSCF8374.jpg s-DSCF8495.jpg
3月25日                    4月11日

4月10日(土)
春一番を感じさせる風が吹き、雪がみるみる小さくなっています。

また雪融けと共に、眠っていた樹木も芽吹く準備のために
根から水を吸い上げ始めています。
ちょうど今、シラカバの樹液が幹に穴をあけると取れる時期です。


サラサラしていてほんのり甘みがありますよ。
ミネラルが豊富で保湿性にも優れているらしく、健康飲料や
化粧品の素材として注目されています。
090411シラカバ樹液
    片方は水でもう片方は樹液ですよ。


樹液をおすそ分けしてもらえるのも数週間で樹木の活動が活発に
なってくると、樹液がぴたりと取れなくなります。
空けた穴はきちんと塞いでおきます。


中頓別の桜の開花予想は5月中旬頃のようです。
雪がまだ残る中、道の駅「ピンネシリ」では元気よく泳いでいますアップロードファイル
090410こいのぼり
4月2日(木)

雪解けがだんだんと早まり、春の陽気が始まった今日この頃。
しかし今年の冬は雪が多かったため、まだ雪多しという感じでしょうか。

そんな今の時期は固雪ウォーキングの絶好の時期となります。
お休みの日は、ついつい春の陽気に誘われて森を散策しようという「ワクワク」とした気持ちになるのは僕だけでしょうか。

気持ちを抑えきれず、知駒峠にお出かけです。

パーキングに車をとめ、スノーシューを履き、辺りを散策することにしました。
P4020210.jpg
(松音知岳と敏音知岳)

天気が良かったため、道北を代表とする山々が一望できました。
P4020212.jpg
(右奥にペンケ山・パンケ山が見え、眼下はアカエゾマツの純林帯が広がる)

P4020214.jpg
(左奥にポロヌプリ)

P4020222.jpg
(正面奥にイソサンヌプリ)

P4020235.jpg
(右にうっすらと利尻山)→見えにくいですね。

P4020245.jpg
圧倒されっぱなし。感動です。感無量です。しばし何も考えずに景色を堪能しました。
コースとしては1時間くらいの散策です。急勾配も少なく、とても歩きやすい。
今度はこれを伝えていく番。
春は近づいていますが、雪遊びはまだ終わらずです。

じゃいあん


プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。