そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
s-DSCF8000.jpg
「排雪作業」


1月29日(木)
1日中温かく、みぞれまじりの雪が降り、
道路はザクザクのシャーベット状態でした。
屋根の雪がどんどん落ちて、
事務所の窓が塞がれています。


道の駅ピンネシリ前の国道275号線では、
道の両側の高く覆っていた雪の
排雪作業が行われています。


やまちゃん

スポンサーサイト
s-DSCF7994.jpg
「農道から」


1月28日(水)
朝は冷え込みしばれを感じさせます。


木々に積もった風景はとてもきれいですよ。
真っ白な雪原には、さらに大地を広く感じさせられます。


今日で10,000アクセスを突破しました
ありがとうございます
今後ともご愛読ください。


やまちゃん

P1260209.jpg
「初日」


1月27日(火)
昨日の夜、しばれまつり会場で雪像作り初日を迎えました。


今年は中雪像7基、小雪像13基作られます。
道の駅&自然学校チームも参戦です。
何ができるかはお楽しみです。


やまちゃんは何を作っているのかな?


じゃいあん

厳冬の森 = 冬の野外活動の基礎知識 =
参加者募集


北海道といえば雪、中頓別においては“しばれ”でしょうか。
そんな雪深い環境だから味わえる自然の楽しみ方や自然のおもしろさ、
魅力を伝えるための自然の見方、捉え方について体験を通して学んでみませんか。


日 時 : 2009年2月7日(土)~8日(日)

集合/解散 : 道の駅ピンネシリホール

講 師 : 鳥羽 晃一氏 (NPO法人ねおす)

参加費 : 2,000円 別途:昼食代 700円

内 容 : 冬季の自然体験プログラム、野外の冬季リスクマネジメント
       自然の見方、捉え方、伝え方(スノーシューを用いた散策)等


「そうや自然学校」の活動において指導者やサポーターとして参加したい方の
スキルアップなどを目的に年間8回行われている講座です。
ご参加お待ちしております。


↓ 詳細はコチラ ↓
090207厳冬の森チラシ



s-DSCF7888.jpg
「バケツの中」


1月21日(水)
雪の粒?が大きくて、きれいに雪の結晶が見えます。
私の田舎である古河には、江戸時代 領主であった土井利位が
虫眼鏡を使って雪の結晶を観察し、結晶図を出版していました。


しばれまつり会場にはたくさんの雪のブロックが作られています。
どんな形に造られるのかが楽しみです。


やまちゃん

090121会場作り
1月21日(水)
今年は1月31日(土)に行われる中頓別町、
冬のイベント「しばれまつり」ではの会場には
数々の雪像で彩られます。

会場作りが今週の初めから行われています。
今日、すべての雪像のベースが完成していました。
ひとつ、ひとつ木枠の中に雪を入れながら、ひたすら踏み固めます。
この大きな雪の塊が当日までに様々な形となります。
090121夕方


来週から雪像作りが始まります。
P1180177.jpg
「ハルニレおじいちゃん」


1月18日(日)
昨日今日と森林療法のワークショップに参加し、コースを歩いてきました。
今後どういった形で自分が関われるかというのを学ぶことができました。


やはり日常的に森の癒しが体験できるような仕組みを作らないとなぁと思いました。
例えば森をガイドするにも癒しの要素も取り入れるとか。
いろいろ素材はあるので試していこうと考えています。


じゃいあん

 小雪が舞う中1月16日、中頓別町にあるこどもセンター主催の、「雪で遊ぼうよ!」が盛大に開催されました。
 参加者は、総勢18人は、全身雪まみれになることを覚悟にフル装備。2つのチーム(はなちゃんチーム、じゃいあんチーム)に分かれ準備OK!

 遊びの達人(太鼓の達人?とも言われたが・・・)の説明で、いざ競技へ・・・

□競技種目は・・・
1.雪積み競争(団体)           2.雪玉当て(個人)
雪積み 雪玉当て
3.雪上綱引き(団体)
綱引き1 綱引き2
4.スノーフラグ(個人)          5.ソリリレー(団体)
スノーフラグ ソリリレー
6.ソリばんば(団体)
ソリばんば

 6つの種目は白熱し、結果は・・・
 なんと同点でした。

 競技終了後は、それぞれの味を選びアイスクリームづくり。
アイス

 冬になるとどうしても室内での遊びが多くなりがちな子ども達。中頓別の冬の自然を充分体でふれ、雪で遊ぶ楽しさを体感できるひとときとなったと思います。

<おしさん>
1月12日(日)
道道785号線。通称知駒峠には、雄大なアカエゾマツとダケカンバの
針広混交林が広がっています。


テレビ塔が頂上にそびえる知駒岳を過ぎると幌延町。
入ってすぐの道道を挟んで反対側、アカエゾマツ林の中にポコッと
摺鉢山があります。
ホントにすりばちをひっくり返したような形をしています。標高は472mです。
ちょっと登ってみたくなる形なんですよね。


今回は、中頓別の山男KNZさん、そしてANHさんと一緒に行ってきました。
峠は風が強い日が多いですが、今日は視界ははっきりしていませんが
風は穏やかなので摺鉢山登山日和。


ここ数日、雪が降り積もっていると思いきや、
風の影響で雪が固かったので、歩き易かったです。
ところどころピョコッと笹が出ています。
KNZさん曰く、1月にしては雪が少ないみたいです。


090112稜線
地形や方角の見方を教えてもらいながら、登っていきました。
今はどっちの方角に進んでいるのか東?西?...
いやぁ、難しい。 


090112ダケカンバ
ウサギの足跡を発見。
風の影響でダケカンバの枝はあっちこっちに向いています。



090112頂上
頂上が見えてきました。
結構、急で斜面はガジガジなので、最後は長靴で登っていき登頂!!
アカエゾマツの森を見渡せる頂上に1時間程歩いてたどり着くことができます。
晴れた日は利尻富士も見えるそうです。


夏は藪を漕がないと来られない場所なので
また近いうちに利尻富士が望めることを願って登りに来たいです。


ちなみに往復1h50の登山での消費カロリーは382kcal。
090111敏音知岳
1月11日(日)
昨晩は吹雪いて、朝から除雪車が走っていました。
道の駅の入り口も吹き溜まっています。


風がだいぶ治まり、深々と雪が降っています。
カラマツからは小鳥の鳴き声が聞こえてきました。
食事中でしょうか・・・


そういえば、サケの遡上する頓別川支流、浜頓別町のウソタンナイの河畔林
(通称:オオワシの森)にて越冬で南下してきたオジロワシやオオワシの姿を
この厳冬期に見ることができます。
中頓別でも浜頓別へ抜けるトンネルの手前の橋での目撃情報を聞いたので、
そのうち見に行ってみたいと思います。



090110敏音知岳
1月10日(土)
今朝、押入れを開けると家の天井裏から高い音が聞こえたので、
もしやネズミ?
何匹住んでいるとか、天井に穴をあけて部屋に侵入してこないだろうか
など朝から嫌な予感です。


でもまさか...
と別の場所で耳をすませてみたら、風の仕業だったようです。
ひと安心。


昨晩から風が強く吹いています。
山からはゴォゴォと風の音がしています。
そんな風吹く中、ONDさんとJANは屋根の雪下ろしをしていました。
ご苦労様です。


なんと、竜巻を激写!! 
090110小竜巻
小さいですけれど・・・


この連休は荒れ模様のようです。
体調管理、運転には気をつけないとですね。
1月9日(金)
日々の生活の作業がどのぐらいの身体活動の強度(メッツといいます)があり、
どれだけエネルギーを消費しているかを心拍数、歩数から測定しまています。


昨日は屋根の雪下ろし、今日は薪運びの運動量を測定しました。


*雪下ろし*
道の駅のあずま屋、キャンプ場のトイレの屋根の雪下ろしをMegと一緒に行いました。
雪下ろしは実は初めてです、あずま屋はあっという間に雪下ろし終了。
普段とは違う景色の作業は、いいものですね。
続きましてトイレの屋根へ。


090108トイレ屋根
トイレはあずま屋よりも屋根が広く、こっちの方が積もってるなぁjumee☆snowman2R



090108?
動物の足跡を発見ashiato
ウサギ?


090108手形
手の形が残っているのがポイントだそうです。
「エゾリス」の足跡でした。


090109足跡
別のところに違う足跡を発見しました。
こっちがウサギの足跡です。


JAN足跡を測ってきてくれました。
ウサギの後ろ足は20cm、リスは半分の10cmぐらいです。
090109ウサギ 090108リス





屋根の雪下ろし開始
Megと半分ずつ分担しました。
さすがどさん子、コツが分かっているので作業が早い。
090108どさん子


こっちは手ごわく、約2時間かかりました。
090108どうですか
汗だくです絵文字名を入力してください雪かきはいい運動になります。
最後、積もっている雪に屋根からジャンプ。
これが楽しかったりしますsmile-8


消費カロリーは・・・741kcalでした。


*薪運び*
090109薪入れ
外に積んである薪を大そりに積んで事務所近くのストックしてある小屋に運びます。
AKBさんと一緒に作業開始


2つの箱をいっぱいにするのに1時間半、11往復しました。
090109薪運搬中・・・


消費カロリーは・・・368kalでした。
ごはん1杯(110g)で185kcal なので、約2杯分ricericeの消費です。


只今、筋肉痛・・・ですsc04これは運動不足だな。

1月8日(木)
中頓別には平成元年まで音威子府村から
中頓別町-浜頓別町-猿払村-稚内駅へと鉄道「天北線」が走っていました。

その天北線敏音知駅跡地に道の駅ピンネシリが建てられました。
道の駅入り口には駅に掛けられていた駅名の看板があり、キャンプ場付近に
駅のモニュメントがあります。
そのモニュメントも今の時期は雪に埋まっています。
090108敏音知駅


大正5年鉄道開通当時は今より雪の量が多かったと聞いています。
今でも雪深く感じる中頓別ですが、昔は今の倍(家が埋まるぐらい)はあったとか。
除雪作業は、機関車にロータリー車をつけて7尺もある大きな羽で雪を飛ばしていきます。
線路の両脇には雪の壁ができ、冬は鉄道を見下ろすような状態だったそうです。


昔はママさんダンプに代わる画期的な除雪道具いえばなんだったのでしょうか?


090108トンネル崩壊 090108雪のスロープ
今朝、隣の部屋を覆っていた雪のトンネルは除雪されフラットな状態です。
温度計を見ると3度に上昇していました。


090108事務所から
今の窓からの景色です。



090107春来たる
1月7日(水)
中頓別でよく目にする桜といえば丈の低い「チシマザクラ」という種類です。
開花時期はゴールデンウィーク明けです。

12月にSZKさんが邪魔な枝を切って、水に挿しておいたら花が咲いたので
道の駅へ持ってきてくれました。
ですから、道の駅ピンネシリでは只今、お花見ができますよ。


まだまだ雪深い季節は始まったばかりです。
春を感じにどうぞお越し下さい桜

1月6日(火)
年末年始は帰省しており、昨晩中頓別へ戻ってきました。


090105夕日 090105夕日2
機内から見える雲海、夕日の風景。
旭川空港に近づくと、雲の色がだんだん黒くなってきました。
着陸し、窓から外をのぞくと雪が降っています。
雪、ひんやりした空気。北海道ですね。


旭川から2時間半。
中頓別に到着、道路の両側は雪の壁が。
冷え切った部屋を想像し、気合を入れて家の中に入ってみると
意外と温かいかも・・・と思えたのは束の間。
やっぱり寒いですね。吐く息が白い。
しっかりと水落とししたはずの水道が凍っていたのが残念です。
部屋が暖まるまで、お隣さんへ避難。



090105事務所から
今朝は-20℃まで下がりました。今日、暦では小寒です。
気になっていた事務所の窓は、私がいない間に雪に覆われたそうです。
除雪して頂いたので、朝の地点ですでに見晴らしはバッチリです。
私のいる事務所までは...


090105トンネル外 090105トンネル内
隣の部屋の窓はまだ雪に覆われています。
まるで洞窟のようです。光の影響で雪が青く見えます。
部屋の中は薄暗く、室内は0度でしたsc04


本年も「つながルーラル中頓別」をよろしくお願い致します絵文字名を入力してください


 新年あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願い致します。

 小さな地区で行われた初詣をご紹介します。

 中頓別市街地に隣接する藤井地域は現在10世帯の小さな地区。
 開拓時、山子達が祀った「山の神」を、この地域では今でも大切に守っています。
 地域の人たちが神社、鳥居をつくり、平成16年から毎年初詣、神社祭といった催事が行われています。
 平成21年元旦。湿った雪の降る中、地域の方々や、この地域に縁のある方々約25名が、集まり参拝しました。

初詣

 焚き火を囲み、この地域での昔話に花がさいていました。

 来年も、再来年もこの地域で新年をスタートさせたい、と感じるひと時でした。

 <おじさん>

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。