そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日はお休みでしたので、フィールドワークを兼ねて前々から気になっていた場所に行きました。
PB291006.jpg
(写真:左がヘビ山 、右は敏音知岳)

通称:ヘビ山又は小ピンネと呼ばれている山で、標高は253mと小さいですが夏は笹に覆われていて行ける状態ではありません。ましては、登山道も無いので厳しいです。冬限定のヘビ山へ行ってきました。
スノーシュー履いてレッツラGO

牧草地に入ると鹿の足跡だらけ。鹿のナイトウォッチングが身近でできそうです。
景色も綺麗でペンケ山とパンケ山を見ることができます。
PB291008.jpg
(左:ペンケ山 右:パンケ山)

牧草地を横切っていよいよ森に入ります。ここからは地形図という地図を見ながら進みます。
しかしいきなりアクシデント発生
尾根を登って歩いていると、地形図と明らかに地形が違います道を間違えました
どうやら登る尾根を間違ったらしく、とりあえず笹を掴みながら急斜面を降り、沢に合流。ようやく正式ルートの尾根に辿り着きました
PB291009.jpg
(沢の写真)
※鹿、キツネ、ネズミの足跡がたくさんあり、貴重な水飲み場のようです

写真でもわかるようにまだ笹が出ていて、歩きにくかったです。
後は尾根づたいをひたすら登ります。ガシガシ埋まりながら根性で進みます。
PB291016.jpg PB291027.jpg
鹿の食害と糞です。山にはたくさんの足跡がありました果たして何頭いるのでしょうか...

さらに進むとカラスの大群が上空を飛び「カァカァ」うるさくなってきました。僕は獲物でないです
横見るとこんな景色
PB291010.jpg
敏音知岳です。景色独り占めです

PB291011.jpg
頂上直下まで来ました。左奥のマツ林の中に頂上があります。
PB291022.jpg
(頂上直下の隙間から望むパンケ山)

最後のひと踏ん張りで斜度約40度の斜面を登ると、石のかたまりを発見
PB291013.jpg PB291014.jpg PB291015.jpg
ヘビ山のストーンモニュメントです

ストーンモニュメントを登るとようやく頂上に着きました。木にデジカメを置き「パシャリ
PB291018.jpg
スタートして約2時間。意外と時間がかかりました。それでもナイススマイル

PB291020.jpg
(頂上にはアカエゾマツ。ヘビ山の主ですね。)

また来ますと誓い、下山開始です。
途中少しのんびり寝っ転がって空を眺めました。
何も考えずに自然に浸る。気分もリフレッシュ
PB291030.jpg
鹿道を辿って下山です。鹿に全てを任せて歩いていると、いつの間にか牧草地に到着です。
PB291032.jpg
PB291035.jpg
全行程4時間とゆっくりペースでした。次回登るときは、道も理解しているので2時間半くらいですかね
冬山軽登山メニューができそうです

めでたしめでたし

じゃいあん
















スポンサーサイト
081115藤山林道
中頓別では、豊かな森林の効果を活かした健康づくりとして
森林ウォーキングが行われています。
中頓別鍾乳洞のすこやかロードや敏音知岳登山道を
森林ウォーキングで歩いています。


新しいウォーキングコース整備が藤山地区にある
旧天北線の鉄道林周辺で行われています。
そのウォーキングコースはどれだけの運動量があるか
測定に行ってきました。


081115ハルニレの巨木
樹齢400年にもなる巨木、朽ちて倒れた巨木に出会うことができます。


081115足跡
途中に流れている沢ではシカの足跡を発見


081115倒木
様々な鳥の声も聞こえ、深い森の中を探検しているような
気分でワクワクしてきました。


のんびりと気持ちよく森林ウォーキングを満喫!!
今回のウォーキングによる運動量は、あまりないかもしれませんね...


ウォーキングだけでなく、様々な形で自然を楽しめる森ですよ。
ぜひ、歩いてみてくださいアップロードファイル
081115天然アート
11月24日(月)
KNZさんの岳友会の先輩、おじさま方を敏音知岳へ案内
することになり、一緒に冬の敏音知岳(704m)へ行ってきました。

あまり天気が良くなかったので、往復1時間のポイント「千本シナ」
までのご案内だったのですが、登山が始まると風がやみ晴れ間
も見えてきました。そうこうしている内に千本シナに到着。
数々の山を登られている方々。
これでは物足りないだろうなぁと思っていると、皆さん先へ進み始めました。


先頭の人はフカフカの雪を進むので、体力を使います。
ですから交代しながら歩いていきます。私は常に2,3番目でした・・・
少し登って戻るかなぁと思いながらも、やはり登りきり登頂!!


昨年の冬に一度敏音知登山へ行きましたが、そのときは残念ながら
頂上まで行くことができませんでした。
081124ピンネシリ岳山頂から
今回晴れて山頂に来ることができました拍手 パチパチ


081124ペンケ、パンケ
敏音知岳上空だけ青空、近くの山ペンケ、パンケが迫ってくるような感じに見えます。
私にとって気分爽快サプライズキラな敏音知登山となりました。


ありがとうございました絵文字名を入力してください
081123登頂!!

081123脊稜踏破報告会
11月23日(日)
北海道は南北に蝦夷山系と呼ばれる山地群が貫き、
北海道の背骨のようになっています。
銀行に勤めているKNZさんがその背骨踏破に挑戦したのは
12年前、南の襟裳岬からスタート。
日高山脈、石狩山地、天塩山地をつなぎ歩いて
最北端の宗谷岬を目指し、この度ようやく踏破することとなりました。


晩には今までの報告会が行われました。
ウェアがボロボロになるくらいのササ藪の中を歩くこともあったそうです。
険しく行くには厳しい場所に残る、美しい景色をスライドで見せて頂きました。
必死に歩いた先にこのような風景を見たら、人に様々な
刺激や影響を与えてくれそうです。


目標を持ち、年月をかけて達成したことが何よりもすごいですよね。
KNZさんの信念の強さは、周りにいる素敵な仲間の
激励であり、サポートがあってこそだと感じました。


11月22日(土)
窯に火を入れたのが約2週間前。
いよいよ炭出しの時を迎えました。
今朝は本州ならばきっと中止になるぐらいの雪が降っていましたjumee☆snow1
ここは北海道。予定通り炭出しを行いました。


081122炭だし1
塞いでいた入り口の砂や土壁を崩して、
いよいよ炭とご対面!!


081122窯の様子
温度を上げるために長い時間通気口から風を送ったので、
前の方がいつもより燃えているみたいです。
すすけながら重さを量り、炭を出していきます。


081122原因解明
なかなか窯の温度が上がらなかった原因は、木を入れたときに
空気の出入り口を塞いでしまって窯にまんべんなく空気が
まわりずらくなっていたようです。


出来上がったミズナラの炭を持ってみると重さがあります。
いい炭できましたキラ


081122おいしい準備
HNTさんの炭窯は2つあり、灯油を入れるホームタンクの炭窯で
前の日に炭を焼いたので、その窯の上の熱を使って、サツマイモや
かぼちゃ、卵を砂蒸し焼きにして頂きました。
じんわりと温められているのでホクホクでおいしかったです



081122ふくろうたち
いかがでしょうか。前回完成しなかったふくろうを持ってきて頂きました。
ある方のふくろうはあまりにも精巧な出来栄えで、飛んでいってしまったとか...


出来上がった炭は様々な場面で活躍してもらいたいと思います絵文字名を入力してください
11月10、11日(月、火)
地元の食材がどのように食べられているかまたどのような料理に
活かすことができるかを発掘する食の文化祭が行われました。


1日目 なかとん産料理づくりルク
地元、名寄の食材を活かした料理を食べることができるレストラン
「食工房 おると」の店主古屋敏浩さんを講師にお招きして、
お母さんたちと料理を作りました。


今回は事前に古屋さんに考えて頂いた中頓別の食材を
活かした料理を教えて頂きます。


本日のメニューは...
・そば粉のクレープカマンベールチーズ巻きハチミツかぼちゃソースがけ
・ミルクソースのかぼちゃのニョッキ
・中頓別産根葉類和風ミネストローネ
・バケットには青トマトのジャムとクリームチーズをトッピング
・古屋さんから名寄産の餅粉を使ったデザート


081110ニョッキ作り
普段使っている食材、料理にひと手間を加えると雰囲気が変わりました。
例えば、かぼちゃのニョッキは中頓別ではおなじみのかぼちゃ団子と似て
いますよね。ミルクソースをかけると洋風に変身です。
また、和風ミネストローネでは昆布としいたけのだし汁を使っています。
これもけんちん汁と似ていますが、洋風ですね。


081110完成1 081110完成2 081110完成3
地元の季節の食材を使った料理なので、おいしく頂きながら体にもやさしそうです。
試食会では皆さんとおいしく頂きました。
中頓別の食材で何品も作れるなんてすばらしいですよね。
地産地消メニューのレパートリーが増えました。


続きを読む
11月9日(日)
いよいよ窯へ火入れを行います。
今日は、HNTさん以外に藤井地区で炭を焼いている方たちや
昔、生業として炭焼きを行っていたJNPさんも見に来てくれました。
火入れは心強いメンバーが揃いました。
窯への点火は私がやらせて頂きました。


081109点火
9:15 点火
勢いよく炎があがります。
煙筒から煙が出るまでは、炭小屋に煙が回り目や鼻が刺激を受けますうるうる
普段は15分ぐらいすると煙が出るのですが、今日はなかなか煙筒から
煙が出てきません。
081109薪をくべる


そのようなときは煙が上がるように煙筒口に火を近づけます。
これを「呼び火」と言います。
081109呼び火


すると、煙が出てきた!
081109煙が!!
しかしそれも束の間アップロードファイル
また上がってこなくなりました。
扇風機で風を送り、窯の中の温度を上げていきます。
すると、勢いよく煙筒から煙が出てきました。
扇風機なんてない昔の火入れ作業は、風風を読まなければなりません。


081109も~えろよもえろ~よ
1時間経過。
普段ならば、温度計が60℃以上になっているはずが、
まだ約45℃にしかなっていません。
温度を85℃以上まで上げなくてはならないので、
どんどん薪を入れて火を焚きます。
薪を入れるため窯に近づくと、ものすごく暑く一気に汗絵文字名を入力してくださいが出てきます。
081109もっと薪をくべる



最後に火を止めるときに使う、土をこねておきます。
焼いた土には粘りが出るので、大切に採っておいて何回も使います。
JNPさんが直々に土をこねて頂きました。
当時の感覚をまだ体が覚えているのでしょうね。
081109粘土づくり


13:35 71.5℃
85℃にはまだ達していませんが、火を焚き続ければ
炭を作る木が燃えすぎてしまいます。
HNTさんの判断で火を止めることにしました。
薪を燃やして入り口に貯まっていたおきを小屋の外へ
運び出し、窯の口をきれいにします。
すると、入り口に貯まっていたガスに火がついて入り口から
勢いよく火が噴き出しました絵文字名を入力してください


続きを読む
今日は休日なので釣り職人のSさんと釣りに行きました。以前ヤマメ釣りの体験観光で特別案内人をしてもらったりと普段からお世話になっている方です。そして釣り初心者の僕に釣りの極意を教えてくれる師匠でもあります。

目的は「チカ」釣りです。場所は枝幸漁港と問牧漁港、浜頓別の頓別漁港でした。

まずは枝幸漁港
サンマが入れ食い状態ですここで61匹GET
今の時期までサンマが釣れるのは珍しく、やはり海水温が上がっているのでしょうか。
PB190936.jpg

しかし師匠は「これでは練習にならんし、チカが釣れない」...ということで、問牧という漁港へ行きました。

問牧漁港では苦戦を強いられチカが5匹釣れました。

そしていよいよ最終ラウンド頓別漁港。
チカが大漁です。
PB190940.jpg
チカ121匹GET
ニシン9匹GET
天候が悪く、ブリザード状態の中ぶるぶる震えながら釣りました。この寒さも釣りの醍醐味の一つ。
また、他の釣り人との交流が楽しく、何が釣れるのか聞き取り調査をしました。

本日の釣果↓↓
サンマ61匹。チカ126匹。ニシン9匹。

海釣りはまっちゃったかも

じゃいあん

PB150925.jpg
今日は地域の方が燻製をやっていたので、甘い香りに誘われてのぞきに行きました。甘い香りの犯人は桜チップです。材料は年々増加傾向にある鹿の肉や鳥のササミと豚肉です。まだできていないのにおいしぃそう!!でした。
後、モモンガ目撃情報を教えてもらいました。毎日観察しに行きます。

続き...
出来上がった燻製を少し頂いて食べてみました。
豚肉はベーコンの様な味わい。
鳥のササミはかなり小さく収縮されていましたが美味。
鹿肉ジャーキーは....一番おいしいかったです。鹿の臭みは無く、そして固くもなく食べやすい!!かなりの美味でした。

08/11/15

じゃいあん
今日はいつもよりかは暖かく感じる朝でした。敏音知岳の山は相変わらず雪景色でした。
さてさて 今週の15日に小頓別小中学校でミニコンサートが開催されます。近隣の学校の先生達が集まり、クラッシックを演奏します。
無料で入場できますので、たくさんの方のお越しをお待ちしております。
今年度で閉校が決まっている小頓別小中学校、だんだん閉校まで近づいてきて寂しく感じます。(meg)
2008/11/12
081108雪景色
11月8日(土)
今朝、外に出てみると車には15cmほど積もっていました。
夜中も風が強かったのか片側の窓にだけ雪がくっついています。
雪は雨に変わり、寒っ!というほどの気温ではありません。
今日のプログラムは移動が多いので、ひとまず安心。


11月の北のてっぺん・指導者養成では
昔、燃料に炭が使われていた頃、畑作が終わった
冬から春にかけて山の手仕事として炭焼きが行われていました。
中頓別では今もなお、炭焼きの文化を伝承している
地域のおじさんたちがいます。
藤井地区のHNTさんを講師に招いてHNTさんの窯を使って
炭焼きを教えて頂きます。


またバードカービングを行っているKZMさんを招き、彫刻の技を
教えてもらいながら、ふくろうのレリーフを作りました。


続きを読む
11月7日(金)
ここ最近、晴れたと思ったら次の日は雨や雪。
寒くなったと思ったら暖かくなるなど不安定な天気が続いています。
昨晩はものすごい雷の音でした雷
頓別川が増水しており、コーヒー牛乳色をしていました。


天気予報では、今日はくもりのち雪。
しかも結構降るみたいですjumee☆snow1


*お昼頃*
チラチラと雪が降ったりやんだり。


*15時ごろ*
学校から見える景色が白くなり、見通しが悪くなってきました。


*16時半ごろ*
外はすでに暗く外の様子が分からなくなりました。
窓に近づいて外を見ると雪が斜めに降っています。
風の音が聞こえます。


この冬初でしょうか、除雪車が出動です。
明日の朝、どんな景色か気になるところ・・・
今晩冷え込んで、明日は寒いのかなsc04



081105鳥文字「く」
11月6日(木)
週末行うプログラムの打ち合わせで藤井のHNTさんと
話していると、上空で鳥の鳴き声が聞こえました。

この時期に聞こえる声の主は・・・
「コハクチョウ」 です。
空に映る姿が黒かったので
「ハクチョウ?」と思ってしまいました。


聞いた話では、
Vの字の先頭は交替しながら飛んでいます。
先頭に近いほど、風の力を受けて飛ぶことになります。
大変なポジションです。
後ろは前が風の流れを作ってくれるので飛びやすい
ということでした。


夕方にかけてこの位の群れを3回見ました。
これから南を目指して、そこで冬を過ごします。


*午前中*
081105炭焼き大豆コーヒー
炭焼き大豆コーヒーの練習を行いました。
そのにおいを嗅ぎつけたのかカラス達がやってきました。
カラスは嗅覚が鋭いのでしょうか?

炭焼き大豆コーヒーなかなかの味ですよアップロードファイル
081105いい色に



PB040787.jpg
今日は本格的な積雪となりそうです。ちなみに敏音知岳の初冠雪は10月27日でした。
雪が降ると何だかワクワクしますねよ~し雪ダルマでも作るかな

PB040791.jpg
雪だるまちゃんの完成です。お客様をお出迎え。招き猫ならぬ招き雪だるまちゃん。

じゃいあん

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。