そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
081025植樹祭の様子
10月25日(土)
町の植樹祭に参加しました。
中頓別鍾乳洞入口にミズナラなどの広葉樹と
アカエゾマツの苗木を植えます。


エゾヤマザクラを植えることに。
土が粘土質だったので、木を一本植えるのに結構な体力を消費です。
冷たい風が吹き開会式は寒かったのに、あっという間に体が温まりました絵文字名を入力してください
植えるのにひと苦労だったので、
「他のところが良かったなぁ。」と話していたのですが、
他の場所も同じことを思っていたみたいです。
081025植樹祭


そのあとは、国有林に残る金鉱跡地の見学へ。
中頓別は明治時代から大正時代にかけて砂金や金鉱ブームに沸きました。
しかし、この金鉱は1年余りで鉱脈が途切れてしまったそうです。
081025金鉱跡
洞窟の削った部分には、おじさんの話によると
わずかながら金キラが混ざっているとか…
金鉱跡のそばには、日本古来の砂金の採取法の跡が残っています。


081025空気がうまい
とても気持ちの良いロケーション、野生動物と遭遇しても不思議ではないよなぁ。
今日植えた苗木がこの森の樹木ぐらいになるまでに何十年とかかるんですもんね。
たくましく育ちますように...木
スポンサーサイト
10月24日(金)
食材工房「もうもう」にてチーズアップロードファイルづくり。
作ったチーズはモッツァレラチーズと
ストリングチーズ(これは裂けるチーズです)です。
チーズ作りには朝に搾ったFJTさんの牛乳牛乳を使いました。


牛乳を入れたチーズバットにスターター(発酵をスタートさせるもの)と
レンネット(牛乳を固める酵素)を入れてかき混ぜ、
牛乳が固まるまで約30分間置きます。


081024カードを切る
固まったら、カードナイフで1cm角ぐらいに細かく切ります。
湯せんでゆっくり加温しながら、38~40℃にします。
牛乳が固まって出た上澄み液ホエーを捨てて、
温度を保ちながら約2時間置きます。


081024チーズをまとめる
すると・・・
80℃程度の熱湯に少しちぎったチーズをつけてお餅のように
伸びるようになったら、水分を切って熱湯でチーズの塊を練っていきます。
練り続けると表面が滑らかになってきました。


081024よいしょ、よいしょ
チーズは熱湯で温めながら形を作ります。
モッツァレラは餅を丸める感じでぷっくりとしたまん丸型にします。
ストリングは伸ばして2つにたたむを何回か繰り返します。
だんだん硬くなってくるので、お湯に漬けながら行います。
すると、チーズが繊維状になってきます。
ちょっと太めの千歳飴のような形です。


熱湯で温めたチーズは少し熱いですが、ツルンとしていて
柔らかく気持ちいいですよ。
ものすごく伸びるのがおもしろくて、ストリングチーズづくりでは
余計に伸ばしてしまいました。


081024冷やす
水に入れて冷やした後、食塩水に漬ければチーズのできあがり
チーズづくりおもしろいですよsc06
おいしいし、おすすめです!! 


秋の中頓別での出来事を送ればせながらお届けさせて頂きますので、
どうぞよろしくお願いします。
9月22日(月)~25日(水)
針広混交林が広がる豊かな森を活かした「森林療法」による
モニターツアーを3泊4日で行いました。

1日目
*夕食会*
高橋牧場チーズ工房の高橋さんによるチーズや地元の食材を
使った料理にておもてなしです。
その中に気になったメニューが。
それは菊芋のポタージュです。菊芋ってご存知ですか?
私は中頓別に来てから知りました。


調べてみると、
菊芋とは、北アメリカ原産の自然食品です。
とても丈夫で育てやすい植物で、秋になると黄色い花が咲きます。
血糖値を下げる効果や腸をきれいにし、消化吸収を良くする
働きがあります。
おいしくて育てやすく、栄養も豊富に含まれているなんて画期的な食材


2日目 
*中頓別国保病院にて森林療法ドックを受診*
メタボではないか・動脈硬化の状態から血管年齢を見てもらいます。
またツアー中、装着する運動量の測定機器のデータ結果などについて
院長先生から丁寧な説明や保健師による健康指導があります。


*森林ウォーキング1*
ウォーキング前後に血圧、脈拍、そして唾液アミラーゼによる
ストレス度を測定します。
中頓別鍾乳洞内のすこやかロードにて1時間程度、自由に
森の中を歩いてもらいました。
ストレス度は天候や気温なども影響します。
ですから今日は風が強くて冷たいので、ストレス度が高くなる
かもしれません。


栄養バランスの取れた健康弁当にて昼食後、検診、健康指導。
待ち時間には、バードコール作りを行いました。
早速外に出て鳴らしてみましたが、風が強く小鳥の姿を見る
ことはできませんでした。


プログラム終了後、ピンネシリ温泉にて宿泊。
のんびり過ごして頂きます。


続きを読む
080921ジャガイモ投入
9月21日(日)
ジャガイモの収穫を迎えると、藤井地区のIWTさんの家
では澱粉づくりが行われます。
今の中頓別町は牧草風景が広がっています。酪農が主な産業
として行われる前は、じゃがいも畑が広がりたくさんの澱粉工場が
あったそうです。その工場跡はもう残っていないとのことでした。



080921イモすり機
今年も昨年に続き、澱粉作りをさせてもらいました。
すりおろしたイモへ水を流しながら濾して澱粉を取り出します。
おばちゃんと話しながら、昨年は今年よりも作業時期が遅く
川の水の冷くて体に堪えたことを思い出しました。
紅葉をを眺めながらの作業、あの時は寒かったなぁ...
今年は暖かくでんぷん日和です太陽


0809212回目
始めは目の粗い網で濾したものを、今度はもっと目が
細かい網に通していきます。


080921 沈殿中... 080921収穫物
それを桶に入れて2,3日置くと底に澱粉が溜まり、
上澄みを捨てて新しい水を入れてかき混ぜると、
今度は茶色い澱粉(二番粉と呼んでいました。)と
真っ白な澱粉(一番粉)に分かれます。
澱粉を採ったイモのカスは食べ物がない頃は焼いて食べていたそうです。
油で揚げたらおいしいかもしれないです。


上の部分の二番粉をすくって、全部の桶の一番粉を集めます。
その桶に水を入れてかき混ぜて沈殿させれば生粉澱粉の出来上がりです。 
お店や家庭で使う澱粉といえば粉末になったものですよね。
塊になっている生粉澱粉はなかなか見かけない珍しいものなんですよ。

9月21日(水)
昨年、細くてなが~いとうきび
「八列とうきび」に出会い、初めて食べました。
普段食べているとうもろこしのようなみずみずしさや甘みはなく、
噛み締めて食べていると甘みが出てきます。
ですから、あごに良さそうです。
これを食べると、とうもろこしって穀物だったんだと実感です。


八列とうきびとは、明治から昭和の初期にかけて、
道内で盛んに作付されていたのですが、今はほんの一部の
地域でしか作られていません。
世界遺産の食材版スローフード協会が推進する「味の箱舟」
(伝統的かつ固有の在来種で将来的に消滅の危機に瀕しているもの)
に登録されています。


080917八列とうきび
その種を頂き、6月に撒いたものがすくすく育ち
収穫の時期を迎えました。


080917からすめっ
ネットで囲いをしたのにも関わらず、カラスは上空から侵入。
先に食べられました絵文字名を入力してください


080917豊作!!
カラスに先を越されないように収穫です。2本のとうもろこしコーンコーンから
たくさんの実りを得ましたキラSさんありがとうございます。


080917いつもお世話になっています 080917いっただきま~す
取れたてを早速、Sさんの薪ストーブで茹でました。
それを頂きま~すsc06
粒の中が詰まっており、そして取れたては甘いですね。
焼いてしょうゆをつければ、これまた香ばしくてグゥ~グッド


八列とうきびを干したもので何かできないと考えています。
調べてみるとドン菓子の材料に使われていたので、
ポップコーンはできないものでしょうかね?
今年は今まで生きてきた中で、一番トウキビを食べましたコーン

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。