そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中頓別で過ごす最後の日。
朝から校庭を張り巡らされていたテントの片付けが始まりました。
学校の掃除、出発の準備も整ったところで自然学校を出発、砂金掘り体験へ。



080808砂金掘り
砂金掘りの名人、砂金の会の方から採り方のポイントのレクチャーを
受けて砂金採りに挑戦!!
砂金の入っている砂を掘る重要な作業をお父さんたちが一生けんめい行っていました。
子どもたちは針のように細い砂金ばかりでなく、ちゃんとした粒の砂金キラをゲットできたようです。


砂金採りに満足した子は、砂金採りではなく魚採りに変更。
何かの稚魚やドジョウをゲットです。
利尻富士には川がないので、2日目のカヌーと砂金採りと
川を満喫していました。


お母さんたちが作ったお弁当を食べて、中頓別を出発です。
中頓別で過ごした子どもや親御さんたちと出会い、近いようで
まだ渡っていない利尻島へもっと行ってみたくなりました絵文字名を入力してください
スポンサーサイト
カヌー体験、パン・アイス作り
午前、午後でカヌーとパン・アイス作りを体験してもらいました。
私は1日パン・アイス作りへ同行。食彩工房「もうもう」の方に
教わりながら、アイスクリームとパンはアンパンとロールパン作りです。
最初はロールパンでしたが、ロールパンになっていました。
080807パン作り


パンの成形が終わって、発酵、焼いている間、出来たアイスクリームを
早速食べることに。どんどんお替りをしていました。
焼きあがったパンフランスパンはおいしそう!!
お昼ご飯までお預けのようですが・・・
お昼に食べて出来上がりにみんな大満足。
焼きたては柔らかくておいしかったです。
午後の子ども達はキツネパンやナイキパン、う○○パンなど
好きなパンの形づくりに挑戦していました。



080807交流
夕方に中頓別の子ども達がキャンプに合流です。
自分たちの泊まるテントを立てたあと、鬼ごっこをして遊んでいました。
私もだるまさんの一日に混ぜてもらいました。


2日目夜プログラム
昨日は外でゲームをして暗闇にも慣れたということにして、真っ暗な学校内で
夜のかくれんぼをしました。
まず探す人が数えている間に隠れてもらいます。さすが隠れるのを希望する
だけあって、肝がすわっています。
それに対して探す側は・・・みんな恐る恐る出発です。半泣きうるうる状態の子も続々
大きな身体のJANが隠れているのに、誰も見つけることができません。
みんなで探しましたが結局タイムオーバー。
どこに隠れていたか聞くと、実は近くまで行っていたのに気づけませんでした。
2回目スタート
だいぶ慣れてさっきよりも積極的に探して、さっきよりも多く見つかりました。
やっぱり夜の学校は怖い雰囲気ありますからねsc04
080806テント設置
8月6日(水)
海を渡って利尻富士町の親子が中頓別の自然を満喫しに、
総勢40名がそうや自然学校に訪れて、そうや自然学校で3日間
過ごしました。
中頓別鍾乳洞を散策後、働くもの寝るべからず、早速校庭には
たくさんのテントが設置されました。


今晩のメニューは“タコ”カレー。
海に囲まれた利尻富士から持ってきた立派なタコの足が
ふんだんに入っています。お母さんたちが調理しているのを見ると手袋を
してタコの皮をむいていました。タコは手がかゆくなるからだそうです。
子ども達に「タコカレーは定番?」と質問してみると、
やはり定番のようで、たまに給食にも登場するそうです。
タコカレーおいしかったです、ごちそうさまでしたグッド


1日目夜のプログラム
そうや自然学校スタッフと中学生のサブリーダーに協力してもらい、
ゲームでは夜の暗さを体験してもらいます。
満点の星空を見ながら、暗い場所へ移動してろうそくの炎を使った
目の働きについての実験や夜行性動物の話、ちょっと変わった
キツネの狩りの仕方を演じてもらいました。


その後、子ども達には夜のハンターになってもらい、まず音を立てない
歩き方「フォックスウォーク」を練習したあと、獲物の前にいる見張り番に
ばれないようにゴールを目指すゲームを行いました。
川に近い砂利道でゲームをしていたからでしょうか、音がしてもまだ距離が
離れている場合は、ばれていない様子でフォックスウォークをマスターするのが
先か門番の耳や感が鋭くなるのが先かが競われます。
「懐中電灯をココにおいて出発。」と言ったときは、
みんな動揺OOしていたけれど、徐々に暗闇に慣れてゲームを楽しんでいましたsmile-8
080726発見、気づき


キャンプのふりかえりでは
キャンプで今まで体験して、感じたことや発見したことを
五感(触る、見る、聞く、味わう、臭う)に分けて上げてもらいました。
前半はコメントがまだまだ足りませんでしたが、
後半もう一度思い返してみるとたくさんのコメントが出ました。
みんな体験を通して、いろんな事を感じ発見があったようです。


自分たちの住む中頓別で思い切り遊び、体験した3日間を
過ごした子どもたちからは満足気な顔を見ることができました。
朝からみんな元気です。
朝ごはんの支度をしてご飯を食べてあと、今日は敏音知の
農家さんで酪農体験うし pkkをします。


080726酪農体験
早速農家さんのところへ。子牛を見せてもらったり、牛舎の中を
見学しました。子ども達も少し緊張気味の様子、警戒心の強い牛は
子ども以上に緊張しています。
徐々に子ども達は牛にも慣れてきて、最初は見ているだけでしたが、
子牛に触れるようになって、乳搾りに挑戦、そして牛に牧草をあげていました。
他の農家さんのところでは、子牛に哺乳をしました。
最初と最後で子どもたちの牛の接し方があきらかに変わっています。


余談ですが、
牛は下の歯しかないんですよ。知ってましたか?


080726アイスクリーム作り
午後からは食彩工房「もうもう」へ行き、今日触れ合ってきた牛、
ホルスタインと脂肪分が高いジャージーの牛乳を使って2種類の
アイスと、バター作りを行いました。
ペットボトルに牛乳と生クリーム入れたものを1人ずつ思い切り
振ってもらってバターを作りました。


080726シェイク!!
なぜか加工室にはペットボトルを振りながら、行進している集団
がいました。
出来上がったアイスクリーム、バターを早速みんなで食べました。
手作りアイスは美味しくてあっという間に完食ですsc06


080726縄を綯う
夜には、敏音知の方と縄綯いやメンコや竹とんぼなど昔の遊びをしました。
メンコは遊んだことがなかったので教えてもらいました、結構難しいですね絵文字名を入力してください
女の子はすっかり縄綯いにはまってしまい、長縄跳びができるくらいの
ものを作ったので、私も仲間に入れてもらって久しぶりの縄跳びでした。
楽しい夜のひと時でした絵文字名を入力してください


子ども達からリクエストで、校内できもだめし大会おばけを行うことに。
2人組みで懐中電灯を使わずに真っ暗な校内を歩いて体育館へ行き、
ある宝物をとってきてもらいます。
しかし、脱落者多しOO
やりたい気持ちに勇気は打ち勝つことができなかったみたいです。
7月25日(金)
中頓別町の子ども達を対象に2泊3日キャンプを
そうや自然学校で行いました。
自然や酪農体験をしながら、自分たちの住む中頓別から
いろんなコトを感覚「五感」を使って感じ、発見してもらいます。


オリエンテーションでは、びっくりするぐらい元気いっぱいの声を
出していくつかゲームを行ったあと、ヒントを1つずつあげて、それが
何の動物かをみんなに当ててもらいます。
では1つだけココで問題を。
① 女の子は働き者です。
② 私は甘いものが大好きです。
③ 私は飛べます。
④ 私はお花が大好きです。
⑤ 私は針を持っています。


080725自然観察
そのあと、森へ行って宝探しと証拠品を見せて1本の木を探してもらいました。
1本の木探しは何度も証拠品を見にきて、みんな一生けんめいです。
最初に帰ってきた班にそれだと思った木の場所へ案内してもらうと、
他の班から「この木と違う・・・」そのような反応が起こりました。
まずは証拠品と照らし合わせてみることに。
まさにそれが正解の木だと分かったとき、ほとんどの班は「え?」という顔をしたので、
正解の班以外はみんな違う木を選んでいたのでしょうか・・・



080725野外炊飯
学校へ戻り、校庭の好きな場所にテントを設営し、野外炊飯は
炭を使って飯盒を炊く係、カレー係、どんぶりプリン係に分かれて
調理に取り掛かりました。
ご飯はおいしく炊けたし、カレーもバッチシ、プリンも温かいままでしたが、
美味しくできました。


080725星座版作り
星空観察を予定していましたが、くもり空で星を見ることができない
代わりに星座早見盤を作りました。
みんな黙々と製作・・・ 
今日は残念ながら見ることはできませんでしたが、星の先生から
星座版の見方を教えてもらい星空の夜に備えました。
さぁ、星座版を使いこなせるかな?


子ども達はまだまだ元気な様子。「明日も早いから寝るよ!!
といっても通じないのは分かりつつ・・・テントには入ってくれました。
080720My箸づくり
7月20日(日)
鉋を使ってMy箸と彫刻刀でMyスプーン作りです。
鉋を触るのは、初めてで力の入れるところがずれているのか
上手に削れません。徐々にコツを掴んで、短かった鰹節のような
削りカスが長くなってきました。


080720かつお節?
その感触がおもしろくて削りすぎて
しまう人もいるようで、そうならないように気をつけながら削って
箸の形になってきたところで削りたい気持ちを抑えてヤスリをかけて
箸の完成です。


スプーンはおおまかにスプーンの形にカットしてあるものを彫刻刀で
削っていきます。普段使っているスプーン、いざ作るとなると細かい部分が
思い出せないものです。
木の種類によって硬さがちがうので、硬い材を選んだ人は大変そうです。
スープやシュガーがすくえそうな形、アイスのスプーンなどイメージしている
用途によってそれぞれ形が変わってきました。
みなさん言葉数が少なく黙々と作っています。


080720スプーン展
木の種類も違えば形も違うこの世で1つだけのスプーンが並びました。
さっそくそのスプーンを使って中頓別の牛乳でできたアイスを食べました。
まだヤスリのかけ方が足りなくてザラザラしていたり、アイスを食べるのには
使いにくい、自分で作ったスプーンで食べるとなおおいしく感じるなど
アイスを味わいつつスプーンの使い心地を感じていました。


モノづくりを通して、日本の素晴らしい道具の存在や改めて道具を長く大切に
する気持ち、私たちにとっての「木」の存在を考えた2日間でした。
月日は戻り、夏の出来事をお届けします。
7月19日(土)

木育(もくいく)とは豊かな森林と木材に恵まれた
北海道生まれの新しい言葉です。
木を身近に使っていくことを通じて人と、木や森との
かかわりを主体的に考えられる
豊かな心を育むことです。

「北のてっぺん・指導者養成vol.4」では、
札幌の家具工房 旅する木 須田修司さんを講師にお迎えして
モノづくりを通して私たちと木や森とのつながりやかかわりを
考えてもらいました。


家にある木のモノを持ってきてもらい、それにまつわりエピソードを
話してもらいました。自分で作ったものや屋久杉で作られたもの、
また仕事で使う道具などがありました。


利き木材
最初はそれぞれの木材をしっかりと記憶にすりこんでもらってから
目隠しをして、においや手触り、音などから何の材かを当てて
もらいました。ほとんどの方が満点でした。見分け方を聞いてみると、
木の重さや硬さで比較していたようです。


森の様子を探る
080719サイレントウォーク
その後、それらの材の樹木が育つ近くの敏音知神社へ行き、
何もしゃべらずに森の音や様子を探りながら散策しました。
他の人に発見したことを伝えたいときは喋ってしまいそうに
なりながらもジェスチャーで教えあいました。
それから、森へ来る前に選んでもらった短冊形の材の樹木を
探してもらいました。
そして「探した樹木や今のひと時に向けて一句書いてください。」
と言った途端、
「えーーっ」と少し驚いてもらい・・・絵文字名を入力してください 
書いたものをを照れながら読んで頂きました。
それはとても味わいのあるいいひと時でした絵文字名を入力してください


木とくらしをつなぐ技
須田さんからは昔の大工職人は木の性質を考えて、モノを作っている
職人と木のかかわりや家具作りの工法や日本の建築道具について、
家具作りに対する想いについて話して頂きました。


では、私が作った一句をこの場で紹介させて頂きます。 
    「白い幹 天高く伸び 青くそよぐ」
8月16日(日)
今年度で閉校が決まっている小頓別小中学校。
小頓別では12年間山村留学生の受け入れをしてきました。
最後の夏に今までの山村留学生の子どもたちが集まりました。


15日(金)の天気は雨。雨足が結構強く川の状態が気になりましたが、
当日の朝は、曇り空でしたが川の水も少し増えた程度、
今日はカヌーと砂金掘りを体験するということで午前と午後に
分かれて総勢約40名とカヌーに乗りました。


午前の部
今年2度目のカヌー。
雨で川の形が変わってないか気になりながらスタート
この時期になると頓別川は水量が減り、
カヌーから降りて歩くポイントが増えるのですが、
2日前の雨のお陰で流れのある頓別川です。
気温は涼しく、川の水を浴びたら冷たそう・・・と思っていても
子どもたちは水遊びが大好きsmile-8です。
その勢いは止められません。


約1時間半のコース。
まだ半分にも差し掛かっていないのにパドルを使って水の掛け合いの開始です。
私たちの艇はまるで転覆したかのように服はビチャビチャ絵文字名を入力してください
カヌーの中は水が溜まってきました。
休憩ポイントに到着した途端、通り雨が。少しすると雨がやみ出発!!


第2次水上戦開始です、また水の掛け合いをして
服が濡れると涼しい風が吹いてきました風
服の冷たさが身にしみてきます。
沈はせずにゴールはしたものの身なりは沈したも同様の状態。
この身体の冷えで午後のカヌーは大丈夫じゃなさそうだったので、
上だけ着替えてその上にカッパを着て午後に向けて体制を整えました。


どうか晴れますように・・・
続きを読む
8月14日(木)
お盆ですね、道の駅「ピンネシリ」は人が集まっています。
コテージやキャンプサイトも予約で埋まっております。


JANが「バードコール作り」を行いました。
いろんな樹種を用意してみました、
木の種類によって音の高さが若干変わります。
ちなみにバードコールひよことは、
鳥の声をまねた音を出して森にいる小鳥たちを誘い出す道具です。


080814バードコール001
午前中はそうや自然学校の教室で行いました。
作った後、窓を開けて鳴らしていると外の草むらに
小鳥の群れが集まってきました。
これはもしや、バードコールに反応してくれたのでしょうか!!


080814バードコール002
双眼鏡で鳥をみながら、図鑑で調べてみると
どうやら「ホオジロ」のようです。
初めはたくさんの群れでいたのに、鳴らし過ぎたのか
どこかに行ってしまいました。


午後から学校の裏で川探検を予定していたのですが、
天候が思わしくなく川探検は中止。
場所を道の駅「ピンネシリ」へ変更して引き続き、
バードコール作りを行いました。
080814バードコール003


初めに参加した子どもたちとは、道の駅周辺を散策して
バードコールを鳴らしながら散策。
ですが、鳥に出会うチャンスが少なくなる昼間だったので、
鳴き声も聞こえてきません・・・


最後、道の駅に着く手前のハーブ園で鳥の姿を発見!!
茂みに身を隠したあとは、バードコールを鳴らしても姿を
見せてはくれませんでした。


そのあとも家族連れの方が参加して、
道の駅ホールが鳥の声?で賑やかでしたアップロードファイル
8月3日(火)
砂金掘り体験に比布町からやってきました。
体験後には、そうや自然学校で昼食を予定していて
私はその準備をしていました。


準備が終わり待っていると、約50名の親子を乗せた
大型観光バスが学校の狭い入り口を入ってきました。
今までになかった光景だったので、少し圧倒されてしまいました。


学校の外でご飯を食べたあと、30人の子どもたちが体育館で
各々に遊び始めました。
すると、野球ゲームの1、2塁の間ではバレーボールが行われ、
隅っこではターザンごっこと体育館は大混雑です。


お昼は大賑わい、バスが出発すると台風蘂が去ったように
一気に静けさが訪れました。
ホッとしつつも淋しく感じますね。


ところで、みんな砂金は採れたのかな鐔件
080712虫探し
7月12日(土)
ふるさとの森自然体験「夏編」では、春のときよりも緑の濃い
そしてひと雨降ってしっとりした森を遊んできました。


森に隠しておいた普段森には落ちていない洗濯バサミやマジックなどを
皆に見つけてもらいます。
いくつ隠してあるか数を教えてもらうと初めは全然足りません。
何回も探しているうちに段々見つけた数が増えてきました。
答えを言っているうちに、今度は何を見つけたのか隠した数より多く
言ってくる子どもがいましたけど・・・


目立つ色のものは、みんな見つけていましたが、鉛筆は葉っぱの緑と
同化して子どもたちも見つけにくかったようです、隠した本人も分からなく
なるほど上手に隠れていました。


そして虫や虫が食べた後を探してみることに。食べたあとはすぐに見つかり
ましたが、虫を見つけるのはなかなか難しくて地面にいるちいさな虫を何匹か
見つけただけで、残念ながら大物ゲットならず・・・


最後には大人スタッフが虫になり、子どもたちが鳥の役になって
虫探しゲームをしました。
鳥に食べられないようにとスタッフ虫たちは必死に身を隠しました。
私も隠れました、子どもたちは近くを通っても気づかなかったので
「よしよし」と思っていると、EMRちゃんと目が合い見つかってしまいました。


虫探しゲームが終わったときにふるさとの森にサプライズな来客が。
ODRさんがヤギを連れて来てくれました。子どもたちはヤギに興味津々。
ヤギは周りに生えている草に興味津々、休まず食べています。
それを見て子どもたちも取ってきた草をあげると、勢いよくその草を食べていました。
080712思わぬ来客


途中雨が降ったり、森に来客があったりと様々な体験や発見をした夏の森でした。
7月31日(木)
昨年の夏、1日だけ敏音知小学校が復活し、OSM校長の授業や
ミニ大運動会が行われ、地域の方たちが久しぶり学校に集まり、
活気ある賑やかな時間を過ごしました。
そのときに来年もやろう!!という話があり、
今年の夏「敏音知ふるさと大運動会」が開催されました。


080730運動会準備
前日には、地域のお父さん達が集まって万国旗やテントの準備を
行いました。


運動会当日、今年もOSM校長夫妻や教育実習に来ていた先生
たちが参加、また中頓別町に移住体験に来られている方や山村留学に
来ている親御さん、今年は来るかなぁと思っていた敏音知小の子どもたち
もきて、校庭は大変賑やかになってきました。



080731ビン釣り競争 080731綱引き
びんつり競争や玉入れなどいくつかの競技行われます。
風船割りがあり、参加することに。風船割りはほとんどやったことがなく、
どちらかと言えば苦手な部類。


参加しようか迷っている子どもには「大丈夫だよ。」
と参加を薦めておきながら、
自分の番が来ると風船を膨らまし、お尻で割るときの
私の行動は風船にそろ~っsc04と座っていたようです。
割れる訳がなく、更に風船の口を持っていた手を離してしまい、
空気が抜け風船はペチャンコ・・・
自分が思っていた以上に怖がっていました。


綱引きやリレーには、用具係をしていたお父さんたちも参加し、
和やか且つ白熱した運動会でした。
途中には、おじいさん、おばあさんも見に来ました。
学校に人が集まってきます。
080731おつかれさま会


この場所はこうでないと腟究

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。