そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月30日(水)
おはようございます絵文字名を入力してください
080130この雲がきになる

窓から見えた細長い雲にが気になった。
周りの雲も横に細長いのだろうか?
それを確認しようと外へ。




080130 ビューティフル・ピンネシリ岳

太陽さんさん、青空がとても気持ちがいい!!




空も眺めていると
ゆっくりと雲の形や色が変化して空模様はおもしろい。

空に注目001 080130 空に注目002

そんな感覚を久しぶりに思い出しました。




080130 東の空はまぶしかった

太陽の光が雪に反射してまぶしい。
雪の紫外線はお肌には大敵だ・・・怪獣




何気なく外に出て周りの風景を見ると、
小さな発見がありますよキラ
たまには大きな発見があるのかもしれませんね。




空に注目003
あれっ? 1時間後の窓の景色


スポンサーサイト
1月26日(土)に行われるしばれまつりsc04
雪像づくりの準備の様子をお届けしまーす


17日から雪像作りに使う雪のブロックづくりが始まりました。
中雪像とミニ用を作ります。
今年は例年に比べると雪が全然少ないみたいです。


始めに中雪像から高さ3m×3mのブロック。
パイプでとめた木枠パワーショベルで集めた雪を入れます。
080117雪像ベース001


上から雪が降ってきたら、2、3人がかりでひたすら踏み続ける・・・
きれいな四角を作るには踏み方にも少々コツがあるみたいです。
080117雪像ベース004


それを繰り返すと・・・
巨大な豆腐1丁できあがり!これをどんどん作っていきます。
080117豆腐?


手伝いに行った17日はヒンヤリしばれる朝。
寒い!けれど風はなく青空が広がり清々しく感じられます絵文字名を入力してください
080117雪像ベース005 

全部で巨大豆腐は6個完成!!
3m角の豆腐からの眺めはいいですよ。


18日は続いて
ミニは90cm×180cmのブロック11個を作って雪像のベースは完成!


21日各チームで雪像作りが始まりました。ほとんどのチームは仕事が
終わった夜に集合して作業。
080122雪像づくり002   080122雪像づくり001 


25日は吹雪の予報。すると、急ピッチで作業が行われ、24日には
ほとんどが完成!

もっと時間がかかると思っていましたが、意外と早く完成するんですね。
慣れている人は、ミニの雪像を数時間で作っちゃいました。


雪像作りに私も時々お手伝いに。
おもしろいですよ、はまりますね!
道の駅はとなりのトトロの「ねこバス」、YYMさんはjumee☆postman2ポスト」を作りました。
子ども達に人気がありそうな感じですsc06



初の雪像作りふりかえり
雪像作りは自分で見切りをつけないといつまでも終わらない。です

1月11(土)-12日(日)
道の駅ピンネシリ周辺で2日間「冬の子どもキャンプ」を行いました。
コテージに泊まりません。
北緯45度線に位置する中頓別のさむ~い冬。
外にテントを張って一晩を過ごします。


冬にテントで寝るのが初めてだったのは子ども達だけでなく、
実習に来ていた北海道教育大の学生やスタッフ、
大人もほとんどが初めての経験。
子どもの中では自分でテントを組み立てて寝るのも初めて
という子もいたと思います。
子どもはワクワク、おとなはドキドキだったのではないでしょうかね。


寝床づくり開始!!
北海道には雪があります
(中頓別でも例年に比べると全然少ないようです。)
雪を使ってテントで快適に過ごすために温かくする工夫をします。
雪で壁をつくる金のスコップ

080112 雪のブロックづくり
フカフカの雪を踏み固めてからスノーソーで雪を切り、
ブロックを作って積み上げていきます。
冬の大工仕事に、近所のおじさんも手伝いに
来てくれてペースアップ!

ブロックで切り出した部分にテントを張ります。
ISIさんから譲ってもらった乾燥牧草をテントの下に
敷きます、牧草が断熱材の役割をします。
これでテントが更に快適です。
080112牧草の上で休憩


学生と一緒に自分達のテントを組み立てて、雪壁の中へ設置。
しばし、体をあっためながら休憩・・・ あともうひとふんばり
テントに直接雪がかぶらないようにブルーシートをかぶせて寝床完成!!
080112テント組み立て中 080112テント設置


子ども達と大人のコラボレーション作品でしょうか。
塔のような門がたった入り口まで作ってありました。
完成した頃には陽もくれてきて、キャンドルの街灯も設置。
080112ろうそく点火


素敵なみんなの家絵文字名を入力してくださいができました。

晩にはココで焚き火を囲んで、焼きマシュマロと炙り干し芋を堪能。
みんなあんなに晩ご飯食べたのに・・・ 女の子は別腹なんだなぁ。
080112焚き火


テントではみんな興奮して中々寝られない様子。
誰が一番に寝たかというと・・・zzz
最もはしゃいでいた子です。
キンチョーしてあまり眠れない子もいました。

続きを読む
1月11日(金)
明日から始まる冬のキャンプにて焚き火をするので、
火事の原因となる作業や誤った通報を回避するための
届出を提出に消防署へ行ってきました。
消防署入る時、なぜか緊張しますね。


届出だけでは終わらず、
MEGと一緒に消防署見学をさせてもらえることに。
車庫へ案内してもらうと、あったか~いsc06
いつでもすぐ出動できるように温度管理がされていました。


救急車も私が持っている印象より大きいと思っていたら、やっぱり昔の
タイプに比べて規格が大きいものでした。
救急車には「なかとんべつ」とロゴや他にもマークが入っていました。
消防士さんがデザインを選び、考えたオリジナルになっています。


生命の星
私はこのマークを初めてみました。
これは世界的な救命救急のシンボルマークで
名前は「Star of Life(生命の星)」といいます。

杖に巻き付いている蛇と雪の結晶みたいなマークには
意味があると聞いて、気になって調べてみました。

ギリシャ神話に登場する医学の神「アスクレピウス」は、
様々な医学を修得し、名医として人々に広く知れ渡り、
その腕前は死者も蘇らせてしまうほどでした。

しかし、それは「人は生まれ、 そして死ぬ」
というこの世の掟に反することでした。
死者の国の支配者ハデスの怒りを買い、その要求を
受けた神々の王ゼウスによって雷で焼殺されてしまい
ました。
のちに父親のアポロンはゼウスに懇願し、アスクレピウスは
天の星となります。
南の空に輝く「へび使い座」は、蛇を従えたアスクレピウスです。


アスクレピウスが蛇の巻き付いた杖を持っていたことから
「アスクレピウスの杖」と呼びいつしか医学のシンボルと
なったのでした。

雪の結晶のようなものは
それぞれ救命救急(EMS)の機能を表しています。

一番上から時計回りに
1 DETECTION・・・発見
2 REPORTING・・・通報
3 RESPONSE ・・・ 応答(迅速な行動)
4 On Scene Care ・・・現場手当
5 Care In Transit ・・・搬送中手当
6 Transfer to Definitive Care ・・・医療機関への引き渡し

奥が深いですね。


何台かある消防車の中で一際大きいものはタンクに18tもの水が入ります。
車体に対してタイヤもデカイ。
冬なのでもちろんスタットレスです。
080111消防使用トラクター
除雪用のトラクターも消防使用に真っ赤に塗ってありました。
MEGと消防士さん曰く、年代モノのトラクターです。
何台も消防車があったのに写真を撮ったのはトラクターでした・・・

働く車って見ごたえありますね。
昼間に消防署へ行くと、見学させてもらえるみたいですよ。
丁寧な説明ありがとうございました絵文字名を入力してください


080105雪景色001 080105雪景色002
1月5日(土)出初め式の日は気持ちの良い空でした。


080106雪景色001  080106雪景色002  
1月6日(日)ピンネシリ岳がうっすらとしか見えません。


080107雪景色001   080107雪景色002
1月7日(月)吹雪く感じの天気のはじまり。


080109雪景色001 080109雪景色002
1月9日(水)朝から降っていて、敏音知では視界が悪かったです。


080110雪景色001 080110雪景色002
1月10日(木)今日は降ったり、やんだり。週末のキャンプは風がないことを祈ります...

1月6日(土)
雪が降りしきる中jumee☆snowman2R成人式が行われました。


思い出しますねぇ。○○年前の自分の成人式...
私は茨城出身ですが、成人式の日は雪の降る日でした。
(中頓別とは比べ物にはなりませんけど)
まっ、それはさておき。


成人式に参加した子たちのほとんどが町外に出ています。
一生に一度のお祝い事キラそして久しぶりの仲間との再会です。


少しでも思い出に残る日のお手伝いとして、
式典後にちょっとしたお祝いパーティを行いました。
080106成人式パーティ001
テーブルを彩った一品一品は中頓別町ならではのものを用意。
成人を迎えた親御さん提供の牛乳で作ったココアや高橋牧場チーズ工房のデザート、
高橋さんのチーズと高橋豆腐屋さんコラボレーションデザート、AKBさんとMTMさん
手作りのでんぷん団子などなど。


080106緊張の一瞬001 080106緊張の一瞬002 
080106緊張の一瞬003 080106緊張の一瞬004 

ゲームでは、質問形式にして
「思い出に残っている先生は?」
「初恋はいつ?」
など昔の記憶を辿ってもらい、


「今年やってみたいことは?」という質問からは
「就職が決まりました、一生けんめい働きます!」とみんなへの報告を兼ねた宣言もあり、


「中頓別の好きなところは?」の質問に
「田舎。」という答えがありましたよ。

080106回答中・・・


ビデオレターの撮影があり、
みんな親御さんに向けてしっかりしたメッセージ残してましたカラオケ マイク
楽しみですね絵文字名を入力してください


新成人の皆さん
成人になってどうですか?
今の中頓別そして久しぶりの再会はどうでしたか?
冬の子どもキャンプ
~雪を満喫!冬の子ども自然学校~



日本の北のてっぺん中頓別町のさむーい冬。
雪の上にテントを張って過ごしてみませんか?


フカフカの雪jumee☆snow1でそりすべりや雪合戦
また冬の静けさなどを感じながら
中頓別の冬を満喫しちゃいます


jumee☆snowman2R 詳しくはコチラ jumee☆snowman2L


080112冬の子どもキャンプチラシ
1月5日(金)
青空が広がりすがすがしい朝です。
出初め式があるということで中頓別町町民センターへ。


中頓別でも昔ははしごに登り技を披露していたそうですが、
今はやっていないとは聞いていました。
見に来ている人がいるのだろうと思っていましたが、
会場には正装姿の消防団員と平行に並ぶ式典に招待された方
しかいませんでした。
080105出初め式002


制服姿でビシッと決まっており、皆さん凛々しいお姿キラ
まだ見たことがない方、来年はぜひ見に行ってみてください。
何が行われるのかと思っていると、早い時間に外で行われる
式は終わっていました。


私もちゃっかりと意味も理解しないまま、TKRさんに手招きされ、
皆さんの後につづいて行進したのですが、普通一般の人は歩かない
ということを移動の時いろんな人に突っ込まれて気づきました照れる


昨年、中頓別では何件か災害はありましたが、
大きな被害はなかったようです。
今年も団員さんや消防の方達の活躍の場がないように
火の用心、安全に務めないとですね。
080105出初め式001


出初め式後敏音知地区では新年会が行われ、
私も参加させてもらいました。
子供から大人、中国から来ている実習生といろんな人が集まりました。
中頓別町では地区ごとに集まり新年会があります。
私の実家ではそのような習慣がないので、地域の人が顔を合わせて
語り合う場所っていいなぁって思うし、大切に感じます。


今年は自分の住んでいる敏音知地区のことについて
いろんなお話を聞きたいと思っています絵文字名を入力してください
1月4日(木)
町長を始め、議員さんや役員を務めている方々が
集まる新年交礼会に参加してきました。
お会いしていない方と一気にたくさん会うことができると思い、
それなりの格好に着替え会場へ向かいました。
行ってよいのか迷っていた分、ぎりぎりに会場へ到着。


ドアの向こうはビシッと引き締まった空気が漂っています。
心拍数があがり、汗が出てきたぞ絵文字名を入力してください
敏音知自治会長ISIさんの隣に席を作ってもらい、急いで席に着く。


町長の新年の挨拶から始まりました。
知らない方がたくさんいましたが、あっという間に終わりの挨拶と
なってしまい、他の席に移動することもなく数人の方としかお話し
することができませんでした。
新年早々、キンチョーしました絵文字名を入力してください
1月3日(木)
正月はすっかり夜型体質になってしまいました。
お昼からMEGと一緒に稚内の抜海港へ流氷に乗ってやってきて
休息中・・・の「アザラシ」を見に行ってきました。
港には11月から3月一杯まで観察所が設けられています。


中頓別から知駒峠を通って豊富方面へ抜けていきましたが、
そこにアカエゾマツの原生林があります。冬のアカエゾマツ林きれいですよ!
峠では1台も車にすれ違わず、携帯の電波は圏外絵文字名を入力してください
なので、ガソリンや車の調子は万全にして走ってくださいね。

海岸線の景色はおススメです!日本海とは反対側には
丘陵が続いており、その間を走ります。


080103
方向音痴の私のナビでしたが、順調に抜海港に到着。
車を降りると、海風が吹いて物凄く寒いsc04
ゴマフアザラシどこ??
テトラポットと色が似ていて、形を認識するまで少々時間がかかりました。
「双眼鏡持ってくれば・・」と連呼していたら、
近くにいた方が親切に双眼鏡を貸してくれました。
(決してその人にアピールしたわけではありませんよ。)
アップでアザラシを見ることができました、ありがとうございます。
080103ゴマちゃん


段々目が慣れて、結構な数のアザラシに気づきました。
海から顔だけ出してこっちを気にしています目
声をかけてみると、
びっくりして潜ってしまいました。
寒いし、耳も痛くなってきてそろそろ出発と車に戻ってから
最後にもう一度。
見にいくと先程よりもアザラシ接近中。
気づくとやっぱり潜ってしまいました。

海外線を戻っていると、光が指している利尻富士に2人で感動キラ
正月早々めでたいものを見た気分です。


続きを読む
12月31-1日 
31日大晦日 私の部屋は新年を迎えるような雰囲気は
全く感じられない状態・・・ ̄□ ̄
しかし、年越しはMEGのじいちゃんの家におじゃまして、
一家だんらんに混ざってワイワイめでたく2008年を迎えました拍手 パチパチ


年が明けて早速、中頓別神社へ初詣。
2008元旦 中頓別神社
ポツリポツリと人とすれ違いましたが、神社周辺は静まり返っています。
しっかりとお願いをしてお神酒を頂いきました。
0811 神頼み


「鐘の音聞こえないね。」とお寺の近くを通りかかると
焚き火は消えかかっており、すでに初詣終了の様子。
除夜の鐘は?
そのお寺では年を越す前に並んで107つ鳴らしてもらい、
12時に108つ目を鳴らすのだそうです。
だからかぁ、情報不足でした・・・風


元旦 年明けに年賀状完成何日に着くかな。
午後、日が出てからお参りに行こうと取っておいた敏音知神社へ。
0811 神頼みIN敏音知
誰に会うこともなく独り占めのお参りをしてきました。
今日もSZKさん家でいろんな話をしながら過ごす元旦の夜でした。


遅ればせながらですが、
今年もどうぞよろしくお願いします。
皆さんにとって良い年でありますように絵文字名を入力してください
12月23日(日)
数日前、道の駅がクリスマスを感じさせるものがなかったので、
クリスマスリースを作ろう!と思いつき、作ったものの一人で黙々と作っていた
からでしょうか、自分自身あまりクリスマスの雰囲気を感じられず・・・


今日は「道の駅 クリスマスコンサート」の準備に向けて、午前中から担当に
分かれて会場の準備などに取り掛かりました。
私はコンサートに使うテーブルキャンドルの装飾担当になり、
スノーシューを履いて材料の調達へ行き、道の駅周辺に生えている枝を
拝借して作業開始!!
みんなで飾り付けや準備をすると全然感じ方が違い、やっぱワクワクして
きます。
1223クリスマスコンサート002


外にはスノーランタンが作られ、雰囲気が出てきました。
1223クリスマスコンサート001
キャンドルが灯されたその温かな光によって会場の雰囲気だけでなく、
会場にいる人たちの気持ちも一緒に和らげられるそんな魅力がキャンドル
の光にはありますよね。
1223クリスマスコンサート003


奏でられるBSNのギターと歌声がこの雰囲気にピッタリ合って、これまた
たまりませんでした。
1223クリスマスコンサート004
1222きれいだった頂上
12月22日(土)
冬山が大好きなKZWさんに誘ってもらい、冬のピンネシリ岳をKZWさんは
山スキーで、私はスノーシューで登ってきました。


冬は他の季節と雰囲気が違って登山道は雪に埋もれ、夏生い茂っていた
ササはなく、見通しがよすぎて今どこを歩いているのか分からなくなります。
途中まで登って一人で戻ってくるつもりでしたが、なかなか行けるものじゃないし
頂上を目指そう!と思いなおし突き進むことに。


森の中はシーンと静まり、見渡す景色は「黒と白」のモノトーン色に見えます。
それらが更に静けさを引き立たせます。
雪は軟らかいので、スノーシューを履いていても足が多少埋もれて思うように
歩けず、道の細いところで風が吹くと転がり落ちていく自分OOを思わず想像して
しまいました。
風が吹いて曇り空だった天気が、山頂付近で少しずつ青空が見えてきました。
もう少しで山頂だというところまで登ったものの、今回はあえなく断念・・・
1222休憩中・・・ 1222私はどこでしょう



KNZさんが頂上に向かっている間に登ってきた足跡を頼りにしながら
少しずつ下山すると、足跡が風に吹き消されかけていました。
1222光差す山頂からの景色

これは足跡?それとも雪が転がった跡か?と悩んで進んだ道は、
来た道と違う方向に進もうとしていて危うく迷いそうになる寸前で、
KNZさんが追いつきどうにか迷わずに済みました。
下り斜面では思い切りよく滑り歩いてきました!
私はスノーシューでしたが、スキーならば、さらにラクチンで見ていて
とても気持ちよさそうでした。


側の木々を気にしながら歩いていると、冬芽を付けて春が来るのを
待っています。
冬芽を絵本にしたものを見たとき、写っている冬芽には動物の顔など
表情があって実際に色んな木の芽を見てみると、ほとんどの木の芽に
ありました。
また幹の中からバリバリッと裂けそうな音がしたり、面白い幹の曲がり方
をした樹木に気づくなど、冬の森ならではの発見も楽しかったです絵文字名を入力してください
昨年の出来事なのですが、お届けします

1214中頓別探検隊 発表会001
12月14日(金)
中頓別小から学習発表会お知らせの手作りの招待状をもらいました。
うれしくて行かなくちゃ!と意気込んでいました。
まとめたことを一人ずつ発表するのが3日間行われたのですが、
発表の場面を見ることができたのはほんの僅かでした。


なので、発表が終わってから展示物をじっくり見せてもらいました。
中頓別地域において特徴のあるモノをその道に詳しい人から聞いた話や
体験したことからそれぞれにまとめてありました。
1214中頓別探検隊 発表会003 1214中頓別探検隊 発表会002


その道に詳しい人たちも発表会を見に来ており、
「よくまとめたなぁ」とみなさん感心していました。
何か一つでも地域について詳しいことがあるって素敵ですね。

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。