そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月、8月の夏シーズンが終わり、今年も大勢のご家族様、団体様にご利用いただきました。
たくさんのご利用ありがとうございました。
今回は、その体験の一部を振り返ります。



◆カヌー体験


DSC_0243.jpg



DSC_0257_201509111305147ac.jpg



DSC_0121.jpg



DSC_0037.jpg




DSC_0142.jpg



DSC_0018.jpg



ショート、ミドル、ロングコースの3コースから選べるカヌー体験。
一般の方はミドルコースが多かったです。
ロングコースを選んでも体験料は変わらないので、ぜひまた挑戦して下さい!

また、多少の雨でも川が増水しなければ基本的にカヌーは実施できるのですが、
ピンポイントで雷注意報が出てしまい、中止となってしまったこともありました…。
本当に申し訳ありませんm(__)m
機会があれば、またご予約下さい。




◆化石発掘(見学)体験




DSC_0202.jpg



IMG_7049.jpg




DSC_0209.jpg



IMG_7183.jpg



DSC_0155_201509111309502ca.jpg



DSC_0160.jpg



今年から鍾乳洞ぬくもり館で、飛び入りで化石発掘が体験できるようになり、鍾乳洞を訪れた家族連れの観光客にもご利用いただきました。
また、化石発掘だけではなく、化石が埋まっている露頭(ジオサイト)の案内も希望者のみ行っています。
まだまだ中頓別にはたくさんの化石が眠っているということで、引き続き化石の調査を進め、化石見学地も増やしていく予定です。




◆川遊び(釣り)体験


DSC_0148_2015091113315757b.jpg




IMG_7209.jpg




DSC_0096.jpg




IMG_7205.jpg




自然学校の裏に頓別川の本流があり河川敷が広がっています。
そこでドジョウ掬いや、お魚気分で川に流されるフローティング等を楽しめるのですが、今年は倒木がいい具合に「溜まり」を作っていて、そこに魚がたくさん定着していました。
どれくらいかというと、まさに入れ食い状態!
渓流釣りの基本は次々ポイントを変え、川を歩きながら釣りをしていくのですが、そこの溜まりだけで充分なほどでした。
来年も同じような状況だといいのですが、こればっかりは運ですね。。。



◆登山



DSC_0060.jpg



DSC_0156.jpg




DSC_0169_20150911134817c53.jpg



登山体験は主に団体様からお申し込みをいただきます。
一般の方からも問い合わせがありますが、山の状況確認、距離・時間の確認が多かったです。
今年は天気が良い日が多く、何度か同行させていただきましたが、いずれも晴天でした。
あまり晴れすぎると今度は熱中症が心配になるのですが、今年は30度を超えるような日もなかったので、
登山日和の日が多い年だったのかな、と思います。

ただ、晴天もいいのですが、少し曇りの日に6合目あたりから一面に広がる雲海も絶景ですので、
曇りの日でもぜひ登山をしてみてはいかがでしょうか。





これらの体験はまだまだ受付していますので、興味がありましたらぜひお問い合わせ下さい。
詳しくは以下の通りです。


カヌー体験:9月23日(水)まで

化石発掘体験:10月末まで

川遊び体験:9月末まで(※長靴着用)

登山体験:10月末まで




(ウエスギ)
スポンサーサイト
毎年この時期に町全体で「クリーン作戦」という清掃活動が行われます。
クリーン作戦は地区ごとに実施され、自然学校のあるピンネシリ地区は本日5月11日に行われました。




IMG_4311.jpg




清掃は道の駅から豊平の入口辺り(音威子府方面の一つ目の橋)にかけて行われます。
ゴミが多いのはやはり国道沿い。特に橋の下にはペットボトルや空き缶などかなりの量が捨てられています。
橋から覗き込むとゴミが見える…というのは景観的にも台無し。
清掃活動をすると普段は気付かない色々なことに気付きます。



IMG_4312.jpg



30分程度の清掃活動でこれだけのゴミが回収できました。



IMG_4317.jpg




IMG_4318.jpg



最後に全員で集合写真撮影。今回参加していただいたのは総勢13名。
十数世帯しかないピンネシリでこれだけの人数が参加するというのはすごいことだと思います。




IMG_4321.jpg




今後も定期的に清掃活動を行い、観光客がゴミを捨てるのをためらうような町にしていきたいですね。




(ウエスギ)
突然ですが、雲とか石を見て「あ、これ○○に似てる!」と思ったことありませんか?






雲は無理かもしれませんが、、、石だったらその思い、ストーンペイントで形にできるかも。






ストーンペイントとはその名の通り、石に絵を描くことです。




必要な材料はコレ(↓)だけ。





IMG_3400.jpg





これに、後は絵の具さえ用意すればOK!





大中小様々な大きさや形の石があるのでどれにするか迷うかもしれません。
ですが、必要になったらまた取りにくればいいので、とりあえず無造作にいくつか選びます。






IMG_3399.jpg






持ってきた石を水で洗い、雑巾などで水気をとります。そして白をベタ塗り。
乾いたら鉛筆で下書きをしていきます。






IMG_3402.jpg





後は、写真等を見ながら着色。






IMG_3405.jpg





完成です!





IMG_3419.jpg





ニスを塗ると更に見栄えがよくなると思います。



自分は絵心がないので、ちがう路線で攻めてみることに。
まずはパーツに色を塗っていき…






IMG_3409.jpg





ホットボンドで組み合わせて、完成!




IMG_3421.jpg






必ずしも絵心を要求されないのがいいですね。
もしかしたらアイデア次第でものすごい作品が生まれるかも!?





IMG_3440.jpg





ストーンペイントはそうや自然学校で行うことができます。
詳しくはこちらまで。
その他にも、様々な創作プログラムを紹介しています。




(ウエスギ)
昨日、『ウィークリー赤レンガ』という道政広報番組のテレビ取材が行われました!


IMG_0381_20140208093427809.jpg





取り上げていただくのは、そうや自然学校の冬プログラム「冬の鍾乳洞探検」です。




IMG_0400_20140208092628158.jpg




ガイド役は鍾乳洞ガイドの三浦さん。
リポーターはJ:COMのパーソナリティやホーマックWEBマガジンのナビゲーター等、多方で活躍している佐藤千草さん。




IMG_0419.jpg





ガイドしているシーンの他、スノーシューを装着するシーン等も撮影されました。




IMG_0390.jpg




移動中の様子。
重そうな機材を担いでいるのに辛そうな顔一つ見せない取材陣には頭が下がります。




IMG_0398.jpg



鍾乳洞内はこんな感じで入口をふさぐほどの氷柱ができています。
なかなか幻想的です。リポーターの佐藤さんも驚いていた様子でした。



IMG_0417.jpg





今回の取材は2/23(日)に、UHB6:55~7:00、もしくはHBC16:55~17:00の2度に渡って放送されます。




『冬の鍾乳洞探検』詳しくはそうや自然学校のホームページをご確認下さい。




北海道庁ブログ「超!!旬北海道」で紹介されました!






『創作料理体験』は地元食材にこだわったプログラム。
今回は特別に新メニューを紹介します



今回使った食材は、北海道では「害獣」に指定されているエゾシカの肉です。
その試作品を、そうや自然学校の校長であり料理の達人でもあるサワさんがふるまってくれました!




---------------------------------------------------------------------------------


まずは1品目、「鹿しゃぶしゃぶ」


shikashabu_2013112910561852e.jpg




一口食べて、思わず「え、やわらかい!」と言ってしまう程脂がのっていて柔らかかったです。
今までの経験上、鹿肉=固くて脂身が少ない というイメージがあったのですが、
これは脂身が多く、口の中でとろけるような感じです。
しかもその上、牛や豚より断然ヘルシーで食べた後もさっぱりでした。


---------------------------------------------------------------------------------


続いては「鹿ハヤシライス」


shika_hayashi.jpg




個人的にこれは大当たりでした!とても美味しかったので、すぐツイッターにアップしました。


なにが美味しいかというと、下の鹿スペアリブ
圧力鍋でぐつぐつ煮込んだ身がとてもやわらかく、食べる時に骨からふわっ…ととれます。
これなら子供でも食べやすいんではないでしょうか。


IMG_8581.jpg




このハヤシライスは、メインの具である玉ねぎを炒める際、サラダ油を一切使わず
鹿の脂を使用しているので、肉の旨みがよくでていました。


IMG_8580.jpg




---------------------------------------------------------------------------------


最後は「鹿チャーハン」


IMG_8586_20131129105311119.jpg




ブロック状にカットした鹿肉は食べ応え最高でした!
全く臭みがないのでチャーハンの具材としては相性抜群です。


IMG_8584_201311291047531c1.jpg




これも、炒める際には鹿の脂を使用したとのことで、ご飯自体にも鹿肉の旨みがでていました!



---------------------------------------------------------------------------------

鹿肉を食べたことある人は「鹿肉って臭みあるんじゃないの?」って思うかもしれません。
私も以前は鹿肉は臭くて固い料理に不向きな食材だと思っていました。


ですが、不思議なことに適切な方法で処理・加工した肉は臭みがなくなるみたいです。
また、柔らかさの理由は、今時期に獲った鹿肉だからとのこと。
今は鹿もたくさん食べ物があり、体にたくさん脂を蓄えているみたいですね。逆に冬になると食べ物が減ってガリガリになり、今度は肉が固くなるらしいです。


自然学校の鹿肉はその美味しい時期に獲った肉を冷凍で保管していますので、
いつでも最高の鹿肉が食べられますよ!
ぜひ地元の食材を堪能して下さい。









■創作料理体験


日時: 冬期間随時受け付け(12月~4月ごろ)


参加人数: 3名様以上


持ち物: エプロン、三角巾


料金: 大人1000円、高校生400円、小中学生300円 + 材料費(※直接そうや自然学校までご確認下さい)




【お問い合わせ先】(そうや自然学校)


TEL・FAX 01634-8-3611


E-mail souyashizen@ipstar.ne.jp


HP http://souyashizen.com/index2.html






なかとんラーメン2号が完成しました!!!


IMG_2834.jpg



IMG_2835.jpg



IMG_2836_20130811144459fda.jpg



IMG_2837.jpg


produced by そうや自然学校
去る3月11日に発生した東日本大震災、そしてその後一か月余りも続く余震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
また、お亡くなりになられた方々に哀悼の意とご冥福をお祈り致しますとともに、ご遺族に心からお悔やみ申し上げます。
被災地が一日でも早く復興することを、心よりお祈り申し上げます。


様々な方が災害支援ボランティアとして被災地で活動したり、各地域で被災者を受け入れたり、情報ボランティアとして正しい情報を選別し被災者へ提供したり、精力的に支援活動をなさっています。

中頓別町のそうや自然学校立ち上げにかかわってくれたNPO法人ねおすも、被災地の一つである岩手県釜石市を拠点として支援活動を行っています。
(公式ブログ「東北地方太平洋沖地震 被災地支援 -できることをやろう-」)
ねおすが被災地でどのような支援活動を行っているか、是非チェックしてみてください。
また、ねおすでは被災地での支援活動資金や支援物資購入のための募金や支援物資の受け付けを行っています。


【募金送金先】
◇北洋銀行 円山公園支店 4014711
◇ねおす募金特定非営利活動法人ねおす 理事 高木晴光
 【ネオスボキン トクテイヒエイリカツドウホウジンネオス リジ タカギハルミツ】
 ※口座名は「ねおす募金」のみでも送金できます


〒064-0952
札幌市中央区宮の森2条14丁目1-14
NPO法人ねおす(ねおす募金担当:荒井 一洋) 
TEL:011-615-3923 FAX:011-615-3914


【支援物資受付・問合せ電話番号】
◇ねおす札幌事務所(10時~17時) 担当:中村
◇011-615-3923
  (〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条14丁目1-14)


黒松内町にある黒松内ぶなの森自然学校及び町内農家では、山村留学生として被災者の方の受け入れをしています。


◇期間:短期~長期(相談に応じます)
◇人数と条件:5名・子ども及び親子に限ります。
◇助成:黒松内町の支援を相談できます。
※詳しくは、黒松内ぶなの森自然学校の方へお問い合わせください。
〒048-0127
北海道寿都郡黒松内町南作開76
Tel: 0136-77-2012 Fax: 0136-77-2020
Mail:buna_ns@d2.dion.ne.jp


以前、中頓別町で講演をしてくださった、長野県泰阜村にあるNPO法人グリーンウッドでも、被災地での支援活動を行っています。
(震災支援ブログ「NPO グリーンウッドの底力」)
こちらの活動の様子も、是非ご覧になって頂ければと思います。


グリーンウッドでは、下記の支援を行っています。
※詳しくは、NPO法人グリーンウッドへお問い合わせください。


1 暮らしの学校「だいだらぼっち」への被災児童長期受け入れ
2 「信州こども山賊キャンプ」を通した被災支援基金創設(使途は被災児童支援)
3 「伊那谷あんじゃね自然学校」及び「あんじゃね支援学校」を通した泰阜村民の叡智の結集による義損金・物資支援
4 全国ネットワークとの協働による支援
5 その他




被災地が復興するまで、長い長い時間がかかると思います。
半年や一年もすれば、テレビや新聞で被災地の様子はほとんど報道されなくなってしまうかもしれません。
それでも、人々の中からこの大震災の記憶が薄れることなく、被災地が復興するまで支援の輪が途切れることのないよう願っています。
3月6日に開催した「ネパール・カレー料理講座」の様子が、NHKの道北版ニュースで放送されます!


SN3J0018_20110310135643.jpg


【日時】3月14日(月) 夕方6:45~


「ビデオアイ」というコーナーで取り上げてもらえるそうです。


実は、地域のTNBさんがNHKに撮影したビデオを送ってくれていたんです。
ありがとうございました!


みなさん、是非14日はチェックしてみてくださいね。
2011年3月12日(土)~13日(日) 森林療法モニターツアーを実施します!


1泊4食付き ¥12,500-


詳しくは、こちらのチラシをご覧ください。


森で癒されるのには、訳があります!!
その訳を住友先生の講話で一緒に学びましょう!


(NPO法人中頓別森林療法研究会)
「食彩工房もうもう」で体験講座を実施します!


バレンタインに手作りチョコをプレゼントしてみませんか?


ガトーショコラづくり
【とき】2月11日(金) 午前10時~12時頃
【材料費】1,200円(1ホール15cm)


チョコレートシュー
【とき】2月12日(土) 午前10時~12時頃
【材料費】1,600円(10個程度)


【持ち物】エプロン、三角巾、持ち帰りようの袋など


【お問い合わせ】
TEL:(01634)6-2211


↓↓その他、中頓別町観光情報などはこちら↓↓
H23なかとんべつ四季だよりno6

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。