そうや自然学校行事予定
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月20日・21日に1泊2日で行われました、「いいとこ探し隊~山開き登山キャンプ~」を振り返ります。


◆1日目

1日目は、ピンネシリオートキャンプ場に隣接している「ふるさと生活体験館」に宿泊。
かまどを使った料理体験や、五右衛門風呂など、昔ながらの生活に触れ合いました。

IMG_6911.jpg


夕食の献立はキャンプの定番、カレーライスです。
まずは食材の切り分け。


IMG_6905.jpg


切り分けが終わったら早速調理…と行きたいところですが、ここにはガスコンロがありません。
料理は火をおこすところからスタートします。


IMG_6925.jpg


さらに、無事に火を熾すことができても、コンロのように火力を調整することができません。
火を強くしたいときは薪を増やしてうちわで扇ぎ、弱くしたいときは薪を抜かなければなりません。
一生懸命うちわで扇ぎながら、「昔の人は大変だったんだなぁ…」とポツリ。


DSC_7055.jpg




火おこしの時間もあわせて完成までに3時間。
ようやくカレーが完成しました!


DSC_7072.jpg



苦労して作った分、美味しかったと大好評です。
みんな美味しそうに食べるなぁ~。


DSC_7075.jpg




DSC_7077.jpg




DSC_7084.jpg




DSC_7087.jpg




DSC_7107.jpg



このあとは、五右衛門風呂に入浴して、明日に備え少し早めに就寝しました。



◆2日目


この日はピンネシリ岳の山開きの日です。
「一番早く山頂に到着すること」を目標に、朝5時半から登り始めました!
昨日あれだけ遊んだというのに、皆さん元気満タン。頼もしい限りです。


DSC_7145.jpg


準備運動をして…

DSC_7156.jpg


コースを確認して…


DSC_7153.jpg


いざ、出発!



DSC_7174.jpg

色んなものを見ながら、触りながら…


DSC_7190.jpg


ちょっと寄り道しつつ…



DSC_7207.jpg


時にはロープを伝い…


DSC_7213.jpg


全員無事に登頂!みんな、がんばった!
3時間ほどで到着しました。


DSC_7223.jpg



この時点でまだ朝の8時半。
なので、「ランチ」ではなく「朝食」ですね。



DSC_7224.jpg


てっぺんで食べる手作りサンドイッチは最高だね!



DSC_7230.jpg


結局、頂上で引換券を配布している係員さんより早く到着しました。
もらった引換券は記念すべき第一号目。
とてもうれしそうだったので早く登って正解でした。


DSC_7240.jpg


最後に、みんなで集合写真をパシャリ。


山頂で感想を聞くと、「もう登山はいいや~」という子が多いですが、今回は皆さん「また登りたい」と笑顔で答えてくれました。


次回のいいとこ探し隊は、夏休みにキャンプを計画しています。
詳しい内容が決定次第、随時そうや自然学校ホームページにアップしますので、ご覧下さい。






スポンサーサイト
5月31日(日)にカワヤツメウナギの学習会が行われました。


講師は前回のエゾホトケドジョウ学習会と同じ桑原先生。
前回同様、自然学校でカワヤツメウナギの学習をした後、川に行って現地調査&観察会を行いました。


講習会では、桑原先生がカワヤツメウナギについて実物の観察も交えながら解説してくれました。
先生が「魚に吸い付き吸血鬼のように血を吸うんだよ」とカワヤツメウナギの特徴を説明すると「えぇ~怖い」「おもしろい」など、子供たちから様々なリアクションが返ってきました。


おそらく皆さんあまり好きではないであろう座学ですが、この日はモニターに映し出されたスライドにくぎ付けだったのが印象的でした。



IMG_6715.jpg





続いて、現地調査を行いました。
まずは自然学校裏の川にいってカワヤツメウナギの産卵床を確認。
その後は周磨橋(しゅうまろばし)まで移動して、調査&観察会を行いました。



IMG_6754.jpg




IMG_6756.jpg




IMG_6759.jpg



ヤツメウナギを発見!


これはヤツメウナギでも「シベリアヤツメ」と呼ばれる淡水型の種類です。
カワヤツメが40~50センチに対して、こちらは成魚でも15~20センチ。
カワヤツメと産卵時期が一緒で、カワヤツメが掘った産卵床を使って産卵するという、ちょっとずるがしこい子だそうです。


IMG_6772.jpg




カワヤツメだと大きいのでちょっぴり怖いかもしれませんが、このくらいの大きさだと抵抗ないのでしょうか?
これでもかというくらい、シベリアヤツメをいじります。
手を近づかせると大きな口で吸い付いてきました。



IMG_6775_201506031805441af.jpg



シベリアヤツメの他に観察できた生き物は、ウグイ、フクドジョウ、ヤマメ(禁漁期間なので川に返しました)、ヤゴなどなど。



IMG_6778.jpg


エゾアカガエルも捕まえたようです。
アカガエルの鳴く時期に声マネをすると、返し鳴きをするそうです。
面白いそうなので、今度やってみたいと思いました。


IMG_6782.jpg




IMG_6780.jpg



これで今回の学習会は終わりです。
今回はスタッフ含め28名の方に参加していただき、貴重な話をたくさんの人に聞いていただくことができました。
これがきっかけで地元の河川により興味を持っていただけたらいいな、と思っています。





4月18日(日)に今年度初となる「いいとこ探し隊」が行われました。
「ピンネシリで春の日帰り自然体験」と題して、”この時期ならでは”の体験にチャレンジ。
みんなで春を満喫しました。



【樹液の採取体験】

イタヤカエデと白樺2種類の樹液を採取しました。
ハンドドリルを使って2・3cmほどの穴をあけると、中からじんわりと樹液が。
ネマガリ竹を差し込みしばらくすると、ポタポタと樹液が落ちてきました。



IMG_4755.jpg



IMG_3728.jpg


~樹液回収~


しばらくたって見に来ると、ペットボトル半分以上の樹液が入っていました!


IMG_3826.jpg


早速その場で試飲。
「水とちがいがわからない」「甘くておいしい!」…などなど、さまざまな感想が聞けました。


IMG_1000.jpg



【山菜採り】


樹液を採取したあとは皆で山菜を採りにいきました。
首から下げた山菜カードを参考に、宝探しに出発。



IMG_4718.jpg




IMG_4717.jpg


まだ残雪が多いので、ウドやタラノメ、ギョウジャニンニクなど定番の山菜を採ることはできませんが、エゾニュウ、アザミ、イラクサ、フキノトウなど、割と出が早い山菜が採れました。


IMG_3752.jpg



IMG_0903.jpg




【昼食作り】


採ってきた山菜を使って昼食作り。
メニューはタケノコご飯、フキ味噌、山菜天ぷら、山菜入りスープの4種類。
春の山菜をふんだんに使った山菜メニューです。


IMG_3763.jpg


IMG_3767.jpg


完成!
山菜のいい香りがしてきます。
どれも美味しかったです。

でも、エゾニュウの天ぷらの苦さは衝撃的だったね。


IMG_3804.jpg


料理をしたあとはみんなで後片付け。


IMG_4735_20150419161849e38.jpg



IMG_0982.jpg



IMG_4738.jpg




【おやつ作り】


おやつはイタヤカエデの樹液を使った「樹液ゼリー」。
ゼラチンを投入して樹液を固め、メープルシロップをたっぷりとかけました。
これが「甘くておいしい!」と大好評。
あっというまに売り切れました。


IMG_4848_20150419162351818.jpg



【薪割り】


今回も地元のSさんにご協力いただき、薪割りにチャレンジ。
小学生の力だと簡単には割れてくれませんが、3,4回斧を振り下ろすと、パカンと2つに割れました。
割れた薪の一部をSさんから譲り受けると、うれしそうに持って帰りました。


IMG_3853.jpg



IMG_3856.jpg



【エアボード体験】

最後に、残雪で雪遊びをしました。
4月半ばでも雪遊びができるというのは、中頓別の魅力の一つですね。
写真のものは欧州で発祥した「エアボード」という乗り物で、
操作性が良くがスピードもあってとても爽快です。


参加者で「7人乗り」という荒業に挑戦していました!


IMG_1053.jpg



IMG_4768.jpg


--------------------------------------------------------


今回のいいとこ探し隊はいかがでしたか?
次回は講師の桑原先生をお招きして「カワヤツメウナギ」の学習会と観察会を行います。
ぜひご参加ください。


上杉
3月14日・15日に行われた「いいとこ探し隊~木登り&冬キャンプ体験~」の活動報告です。

1日目


【寝袋の畳み方練習】

今回のキャンプはテント泊なので寝袋を使います。
寝袋を使ったことがない子もいるので、雪遊びの前に寝袋の畳み方練習をしました。


DSC_6432.jpg



DSC_6433.jpg




【雪遊び】


初日の雪遊びは、雪洞作りと木登りを行いました。
木登りの講師は山岳ガイドでガイドオフィス風代表の鳥羽晃一さん。
最大で10mくらいの高さまで登りました。



DSC_6455.jpg



DSC_6474.jpg



DSC_6486.jpg



DSC_6489.jpg


IMG_3805.jpg



IMG_3755.jpg




【夕食】


夕食は皆大好き鹿鍋です。
皆で鍋を囲むと、より一層美味しい!


DSC_6496.jpg



DSC_6501.jpg



DSC_6502.jpg



【夜のプログラム】


夜は焚き火や星空観察などを行いました。
火であぶったマシュマロはとろとろでとても美味しいと大好評。


DSC_6506.jpg



DSC_6509.jpg



DSC_6520.jpg


夜はみんなテントで就寝。
中には雪洞泊にチャレンジした子も!
マットを敷きつめた雪洞は暖かく気持ち良かったとのことでした。



---------------------------------------------------------------------

2日目



【朝食】


朝食は熊肉が入ったお鍋と漬物などのおかずです。
熊肉は言わずもがな、漬物が子ども達に好評だったのは意外な感じでした。



DSC_6532.jpg



DSC_6530.jpg




【雪遊び②】


2日目は、「またやりたい!」という希望が多かった木登りの他、ハンモック、スラックライン、エアボード、雪投げ機など、鳥羽さんが持ってきてくれた様々な道具を使って雪遊びを満喫しました。



IMG_4341.jpg


IMG_4368.jpg


IMG_4595.jpg


IMG_4667.jpg



【おやつタイム】


最後に、おやつの『はちみつレモン』と『シフォンケーキ』を食べてお別れ。


DSC_6570.jpg



DSC_6568.jpg



-------------------------------------------------------------------------------


次回のいいとこ探し隊は1泊2日の春キャンプを予定しています。
今度は日帰りの参加もOK!町外の方でも参加が可能です。
順次ホームページに掲載していきますのでご覧下さい。

そうや自然学校「いいとこ探し隊」
http://souyashizen.com/iitoko.html
12月26日と27日に、1泊2日の冬キャンプが行われました。
今回が2014年最後の『いいとこ探し隊』です。
このキャンプには『ゆうち自然学校』の伊藤輝之氏(テルさん)にも講師として参加していただきました。


最初にテルさんと作戦会議。どんな雪遊びをしようかな?

IMG_3029.jpg


今回の冬キャンプは外でテント泊なので、雪遊びの前に今夜の寝床を作りました。

IMG_3058_201412281115586ff.jpg


IMG_3051.jpg



IMG_3057.jpg



IMG_3033.jpg




★テルさんと雪遊び①「スノーダイブ」

木の上から思い切ってジャンプ!
飛び降りた勢いで雪に全身埋まっちゃいました。
「超楽しい」と言いながら何度も飛び降りる参加者。


IMG_3217_201412281115539f7.jpg



IMG_3185_201412281116045c1.jpg




★おやつ作り「焼きマシュマロ



マシュマロをイタドリに刺して火であぶると、外は「パリッ」中は「とろとろ」の美味しい焼きマシュマロが完成。
調整が難しいようで少し焦がしちゃったりもしましたが、たくさんあったマシュマロがあっという間に売り切れ。
焼きマシュマロ大人気です。


IMG_3295.jpg


★エゾ鹿肉のシャブシャブ


夕食は前回のアンケートでも要望が多かった『エゾ鹿肉のシャブシャブ』です。
みんなで鍋を囲むとより一層美味しいね。


CIMG6373.jpg


CIMG6367.jpg



IMG_3306.jpg


CIMG6372.jpg



★ナイトウォーク


宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のDVDで星空の予習をしたあと、いよいよナイトウォークの開始です。
この日は空が澄んでいたので星がとても綺麗に見れました。


IMG_3308.jpg


IMG_3325.jpg



そして、いよいよテント泊の時間がやってきました…!
この日は夜中に氷点下15度、朝方も氷点下10度まで下がりました。
テントシートは合計3枚重ね、更に毛布数枚と銀マットなどで完全防備。
ほとんどの参加者は朝までテントの中で過ごしました。


★朝食

朝食のメインは『和風リゾット』。
その他、ロールチキン、つけもの、エリー(ヤクルトに似た飲み物)がついて、締めにはフルーツ。
ほぼ完食です。
朝からテントの撤収作業をしたから、お腹を空かしていたのかな?


CIMG6404.jpg



CIMG6406.jpg



★アイスクリーム作り

朝食の後はアイスクリーム作りをしました。
ケースに入れたアイスクリームの素を缶に入れ、雪と塩を詰めてシャッフル。
チョコレート味やバニラ味の美味しいアイスが完成しました。



IMG_3354.jpg


IMG_3357.jpg



★テルさんと雪遊び②「雪洞作り」


最初はバラバラに穴を掘っていましたが、誰かが冗談半分で「穴を繋げてみようか?」と提案。
すると全員スイッチが入ったようで、気合入れて穴を掘っていると、本当に繋がりました。
その時は思わず歓声があがり「やってよかった」と感動している子もいたのが印象的でした。


IMG_3473.jpg


IMG_3463.jpg


最後に集合写真撮影!


IMG_3508.jpg




次回の『いいとこ探し隊』は2月以降の実施を予定しています。
詳細が決まり次第そうや自然学校ホームページまたはブログで告知をする予定です。
電話(FAX)やメールでも受付が可能ですので、興味がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。


11月29日・30日の2日間、そうや自然学校で「いいとこ探し隊~ちょっと早いクリスマス&正月体験~」が行われました。


-1日目-

■クリスマスリース作り

自然の素材を使ってクリスマスリース作りに挑戦。
ヤマブドウのツルを輪にして、どんぐりやクルミなどで飾り付け。
材料は自分達で調達してきました。



DSC_0073_2014120513110203f.jpg



DSC_0158.jpg





DSC_0168.jpg




■しめ縄作り

ピンネシリ岳の鳥居に飾り付けてある「しめ縄」。
その製作を手掛けた地元の方に講師をお願いしました。
材料は町内の湿地帯で採った「スゲ」と呼ばれる草だそうです。



DSC_0132.jpg



DSC_0123.jpg


DSC_0138.jpg


■夕食(エゾ鹿肉のハヤシライス)


夕食のメニューは、エゾ鹿肉のスペアリブが入ったハヤシライス。
圧力鍋でじっくりと煮込んだエゾ鹿の肉は柔らかく口の中でとろけるような味わいでした。


DSC_0172.jpg


※翌日のお持ち帰り用に煮しめもみんなで作りました。



DSC04486.jpg



■クリスマスケーキ作り

炊飯器があれば作れる簡単チョコレートケーキ。
2グループに分かれて2ホール作りました。
結果は…


DSC_0175.jpg



大成功!
ただしもう一つは砂糖を入れ過ぎてドロドロに…。
分量が大切ですね。



■スーパーピンポン

夜の体験活動は体育館で「スーパーピンポン」を行いました。
使う道具は卓球のラケットとボールですが、体育館全面を使って遊びます。
基本的なルールはテニスと一緒です。
男女別に分かれて対抗戦をしてところ、女子がやや優勢といったところでした。



IMG_6036_20141206114810b22.jpg




-2日目-


■もちつき体験


みんなで力を合わせて餅つきに挑戦。
ふっくら柔らかの美味しいお餅が完成しました。


IMG_6124.jpg



IMG_6102.jpg



餅は団子状にして豚肉or鹿肉(!)の雑煮汁に投入。
「どちらが美味しかったか?」というアンケートでは見事に票が分かれました。



IMG_6132.jpg



■獅子舞体験


最後は、正月の伝統芸「獅子舞」を体験。
お獅子の周りでは横笛やタンバリンなどを使って楽器演奏を行い、場は大賑わいでした!



IMG_6212.jpg



IMG_6260.jpg



IMG_6262.jpg



DSC_0289.jpg



次回のいいとこ探し隊は12月26日(金)・27日(土)の日程で冬キャンプを行います!
日帰り体験の参加も可能です。
詳しくはそうや自然学校(TEL:01634-8-3611)までお問い合わせ下さい。





10月25日(土)、いいとこ探し隊「なかとん化石見学ツアー」が行われました!
中頓別は地学的に珍しい地域で、町内だけで4種類以上の地層がまたがっているので、
その年代特有の化石を見ることができるのです。


今回はその中で、約1000万年前と約2000万年前の地層を見学しました。


■約1000万年前「中頓別層」
「ホタテ貝の印象化石」を確認できます。
※印象化石…貝自体はないが貝が入っていた跡が残されている化石のこと

DSC_0005.jpg



DSC_0006.jpg



DSC_0009.jpg



IMG_5994.jpg



■約2000万年前「モペーチャン層」
ハマグリ類の二枚貝の化石が確認できます。


DSC_0058.jpg


DSC_0074.jpg



DSC_0073.jpg



DSC_0080.jpg




化石を前にして、皆さん目を輝かせていました。
これがきっかけで中頓別の地質に興味をもってくれたらいいな、と思います。


ウエスギ

9月21日(日)にそうや自然学校で環境学習会が開かれました。


DSC_0219.jpg


講師は、自然写真家で酪農学園大・札幌市立大学非常勤講師の桑原禎知先生。
現在エゾホトケドジョウを知っている数少ない一人です。
エゾホトケドジョウの生態や、人間との密接な関係…などを解説していただきました。


DSC_0227.jpg



小学生にとっては少し難しかったかもしれません。
そのため、「ドジョウの見分け方」としてルーペでヒゲの数を数えてみました。


DSC_0230_2014092615472407b.jpg


フクドジョウは6本、エゾホトケは8本、マドジョウは10本。
見た目もはっきりと異なりますが、ヒゲの本数を覚えておけばまちがいないですね。



DSC_0235.jpg



続いて現地調査です。
まずはエゾホトケドジョウの住処を見学しました。
昔は河川だったのが護岸工事等によって池になったところが住処です。
即ち、過去護岸工事をたくさんやっている場所が多い=エゾホトケドジョウの住めるような池が多い
…ということになるようです。
浜頓別に比べて中頓別であまりエゾホトケドジョウを確認できないのは、そもそもエゾホトケが住めるような池が少ないことに原因がありそうです。
ではなぜ少ないのか…ということを辿っていくとキリがなくなってしまいますのでこの辺にしておきますが、とにかく色々と勉強させてもらいました。



DSC_0240.jpg


その後、河川と沼で現地調査をしました。



DSC_0268.jpg


本来、沼ではトミヨやヤチウグイ、エゾホトケドジョウ、フナ等がいて、川にはヤマメやウグイ、フクドジョウ等が主です。
そのため、川と沼でははっきりと生き物の生態のちがいが感じ取れます。
ですが、今回は沼でフクドジョウやカワヤツメがいて、川にはスジエビなどが採れました。
限りなく川と沼の生態系が近くなっています。
このことから、増水時では沼と川が繋がるのだと推測できます。


DSC_0257.jpg



個人的にとても勉強になりましたし、参加した子ども達も夢中になって魚をとったりと喜んでいた様子で、とても充実した講習会でした。
欲をいえば、この貴重なお話しをもっと他の方にも聞いていただきたかったな…と思います。
今後も定期的に環境学習会を実施したいと思いますので、ぜひご参加下さい。


(上杉)
7月30日~8月1日まで2泊3日の日程で「いいとこ探し隊~旭岳登山キャンプ~」が行われました。



メインは2日目の登山ですが、道中色々寄り道しながらのキャンプツアーを一気に写真でお伝えします



【1日目】

美深チョウザメ館

DSC_0649.jpg



DSC_0656.jpg



■アルパカ牧場

DSC_0705.jpg


DSC_0701.jpg


DSC_0740.jpg


アルパカ牧場では公開したばかりの新しい遊具でも遊ばせてもらいました。


DSC_0748.jpg



【2日目】

■旭岳登山


DSC_0783.jpg




DSC_0801.jpg


旭岳の登山ガイドは「鳥羽じい」こと鳥羽晃一さんです。


DSC_0838.jpg



DSC_0860_201408021844515fd.jpg


そして全員、無事登頂!
頂上は霧が濃くて周りはなにも見えない状態でしたが、
北海道の最高峰『旭岳山頂』で達成感100%だったと思います。


DSC_0870.jpg





■ザリガニ&ティラピア釣り

b.jpg


鳥羽さんに教えてもらった穴場スポットでは外来種のザリガニとティラピアが釣り放題。
釣り道具がなかったのでみんなで工夫して用意しました。

c.jpg

ザリガニ

DSC_0880.jpg


ティラピア
タイに似ている白身魚でかなり美味しいとのこと。


DSC_0898.jpg



■ティラピア調理&焚き火


DSC_0928.jpg


4月のいいとこ探し隊でやった薪割り体験を活かす時が来たね!
道具はキャンプ場で貸してもらいました。


DSC_0958_2014080218522941b.jpg





DSC_0962.jpg


ほぼ自然にあるものだけを使って、ワイルドにいただきました。


DSC_0964.jpg


調味料がないので味付け一切なしでしたが、かなり美味しかったです!


DSC_0966.jpg





【3日目】


■士別めん羊牧場


DSC_1005_20140802185226659.jpg



DSC_1022.jpg




■朱鞠内湖


DSC_1102.jpg

遊覧船にも乗車しました。

DSC_1078.jpg


色々、盛りだくさんだった今回の登山キャンプツアーは、
予定外のプログラムもあって参加者は充分楽しめたようでなによりです。




次回のいいとこ探し隊は9月に実施予定。
詳細が決まり次第そうや自然学校ホームページで告知します!



ウエスギ



6月14日・15日の2日間、いいとこ探し隊のキャンプが行われました!
キャンプといえばピンネシリオートキャンプ場!
…の予定でしたが、悪天候のため今回は自然学校でキャンプです。


IMG_1481.jpg




最初はちょっとだけ時期外れのタケノコ採り。
場所は以前笹かご作り講習会(詳細はコチラ)で竹を刈った場所です。



IMG_1485.jpg




竹を刈ったので竹薮に突入しなくてもタケノコ採りができます。
…が、あえて薮の中を突っ切り、探検気分を味わう参加者もいました。




IMG_1479.jpg



タケノコ採りの後はキャンプの定番スイカ割り。



IMG_1495.jpg



いつも簡単に割られてしまうので、今回は「前」「右」などの周りの掛け声を少しずつ制限するNGワード追加型のスイカ割りに挑戦。
ですが、周りの人がウソの場所を教えたり、スイカを物陰に隠すなど、もはやなんでもあり状態に!
まあ、楽しめたようでよかったです。



IMG_1521.jpg



最後は美味しくいただきました。



IMG_1548.jpg




夕ご飯は皆で野外炊飯に挑戦。
メニューはキャンプの定番カレーライス。お米ははんごうを使用。
慣れない野外炊飯に少し手間取るかな…と思ったのですが、高学年の参加者が中心となり自分達の力で作り上げました。


立派だね!



IMG_1583.jpg



テントは夜雨をしのぐため自然学校の玄関前に張りました。



tent.jpg



2日目の6月15日は山開きの日です。
一番乗り目指して出発!



DSC03899.jpg


休憩をとりつつ、山頂を目指します。
標高の割に意外とハードなピンネシリ岳。
それでもみんながんばって登ってます。


DSC03901.jpg


登山開始から3時間程度、みんな無事に登頂しました!


DSC03913.jpg



ピンネシリ岳のてっぺんで食べた手作りサンドイッチは最高に美味しかったね!



tozan.jpg



次回のいいとこ探し隊は7月末ごろ大雪山の登山に挑戦する予定です。
興味がありましたらそうや自然学校までご連絡下さい。


そうや自然学校
TEL:01634-8-3611

プロフィール

<敏音知岳>

そうや自然学校

平成20年4月に旧敏音知小学校の校舎を活用して開校。季節ごとの体験活動や、こども支援活動、宿泊研修(合宿)の受け入れ事業などが行われています。

★そうや自然学校公式HP

twitter

最新情報から毎日の活動、ちょっとした出来事まで幅広く紹介しています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

記事の分類

ブログ内検索

中頓別町民発信ブログ

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。